2016年04月13日

皆さんは、どう思いますか?

下記は、ある方のメルマガです。(決してこの方の批判ではありません)
      ↓
『「夢は実現するものだ」と言う人と、「夢と現実は違う」と言う人がいます。
根本的な違いは、「夢は実現する」と思う人は、成功するまで挑戦します。
しかし「夢と現実は違う」と思っている人は、挑戦をしなかったり、途中で諦めてしまいます。
各人が会社という場を利用して自分の夢を実現させていくことです。 自分の夢を実現させるには、具体的なシナリオを書くことと、どんな困難があろうともやり遂げる強い意志が不可欠です。』

こうした「名言?」のようなものによく出会います。
でも、僕は、「夢を叶えたいなら最後までやり遂げろ」というこうした考えに、どうも承服できません。
やめる時はスパッとやめる、選択と集中、決断、こちらの方がどうもしっくりするのです。
もしくは、周り(上司・同僚に)に助けてもらえばいいじゃないか?とも思います。

もう一点、こうしたメッセージには、“誰でもがこうしなければならない”というある種の押しつけがましさと本当に夢が実現した人の何%の人がこうした考え方をしているのかというデータや統計が示されていません。

多くの成功者に「うまく行った要因はなんですか?」とインタビューすると、「運だよ」とか「たまたま」という答えが返ってきます。

もちろん、自分がした努力をひけらかしたくないという気持ちが働いているのだろうと予想しますが、一方で、「あきらめないでやったから」と答える方も確かにいます。結局、どちらとも言えない、というのが今のところの僕の結論です。

僕は「固定概念」は偏見を生むと考えています。
人の成長をもっとも阻害するものは、自分自身で考えない、決めない、だと思いますし、「ねばならない」
「絶対、こうあるべき!」というある種の脅迫観念だと思っています。

人間は弱いものだし、途中で投げ出したことを恥じる必要もないし、できないことはごまんとあるし、
ビジネスもプライベートもそれでいいのではないでしょうか?

僕なんかできないことだらけだし、失敗だらけだし、途中でいつも投げ出してるけど、夢にも近づいているという、錯覚かもしれないけど“実感”もあり、今、幸せです!
(まあ、僕がちっちゃい人間だということかもしれませんが…)

IMG_0008.JPG
posted by 成長企業プロデューサー 小松弘明 at 16:05| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 営業プロセスマネージメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月08日

後だしじゃんけんでの批判・犯人さがしはもうやめたら!

久々のブログ更新です。
短い文章ならFacebookに直に書き込むことが多く、ブログより遠ざかっておりました。
もうひとつは、昨年親父がなくなり、なんとなく、いろいろ書くのがいやになっていたというか、
そういうのもありました。

ネットを見ていたら、”なでしこジャパンがリオオリンピックの出場を逃した”原因・要因に関する記事が
増えてきたので、ちょっと感じることがあって書いています。
           ↓
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160308-00000095-spnannex-socc
        


「転落の始まりは、4年前にさかのぼる」とこの記事は実質始まる。
佐々木監督が引き起こした不協和音が発端で、コミュニケーション不足、戦略・戦術の変革を起こさなかっただからだそうだ。

だとしても…である。
すべて“後だしじゃんけん”の原因究明であろう。
と同時に、監督に意見が言えなさそうな、選手の受け身の姿勢も原因だろう。
コーチ陣は何をしていたのか?

組織はトップだけで動くわけではない、責任はトップがとればよい。
私の経験によれば、敗戦の原因をコミュニケーション不足・チームの和に求める組織は強くならない。

プロスポーツは、「技術」「スキル」「能力」に尽きると思う。
監督は、監督のスキル、コーチはコーチのスキル、選手は選手のスキル。
その総合力が著しく低下したのだろう、要は、サボっていただけ。
野村元監督がよく引用される言葉に、「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」がある。
負けるべくして負けたのである。

しかし、勝負は得てしてこんなもの、次に向けての課題が見つかっただけである。
外野はいろいろ言わないのが、良いと思うのは私だけだろうか?
女子サッカー界の自律的改善を我々は待つのみでよいのでは…

posted by 成長企業プロデューサー 小松弘明 at 17:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 営業プロセスマネージメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月01日

あけましておめでとうございます!

新年あけましておめでとうございます!

旧年中はたくさんの皆様に大変お世話になりました。

2015年も多くの方との出会いを心から大切にして参りたいと存じます。

皆様のご健康とご発展を祈念しております。

2015新年屋上から.JPG
posted by 成長企業プロデューサー 小松弘明 at 09:07| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 新年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月09日

◆勝手に北方先生とのご縁を感じています! ご献本頂いた『史記 武帝紀完結巻(第7巻)』手元に届きました。

前回のブログに書いた通り、「リーダーシップ論から見た史記」という巻末エッセイ掲載の製本されたものが、角川春樹事務所の編集者の方から送られてきた。

写真 2.JPG
(11日(金)配本 15日(火)発売だそうです。都内の早い書店だと11日に並ぶ可能性もあるらしい)

あらためて手にとって見てみると、感激もひとしおだ。

写真 1.JPG
(巻末エッセイ)

実は、北方先生とは、一度直接ご面談頂いている(先生はもちろんお忘れだろうが…)。
僕が、ソフトブレーンの副社長時代、グループ会社のひとつであるダイヤモンドビジネス企画の社長を
兼任していた。(2005年〜2006年足掛け2年と記憶している)
当時、“ダイヤモンドビジョナリー”という営業専門月刊誌を出しており、定番特集で、
「知道中国」というコーナーに中国と関連の強い企業様やビジネスパーソンのインタビュー記事を
載せていた。例えば、ANAが中国路線を大幅に拡充している背景などを…

社長だった僕のわがままで、(弊社)編集長の岡田さんに、
「いつもいつも仕事の話しだとつまらないから、中国の歴史作家さんのインタビュー記事を載せようよ!」
と提案し、そのわがままにお応え頂いたのが、北方先生だったのだ。

本当は、三国志フリークの僕がどうしても北方先生にお会いしたいという不純な動機が背景だが…
仕事のふりをして、自分の欲求を満たそうというダメ社長でした(笑)。

(続きがあります)続きを読む
posted by 成長企業プロデューサー 小松弘明 at 19:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史から学ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月04日

歓喜!「史記 武帝紀(文庫版)完結巻7巻」(北方謙三氏著・4月11日配本)の巻末に僕のインタビューがエッセイとして掲載される!!!!



先日のブログで、ちょっと書いたのだが、僕の人生の中でも最高に喜びに打ちふるえる事が起きた。
http://kaicho.esm-ms.jp/article/391958249.html
ビジネス面では“ソフトブレーン一部上場”プライベートでは、これだ。
それくらい嬉しい!!!

ブログタイトルにも書いた通り、北方謙三氏が著わした「史記武帝紀(文庫版)」の完結巻第7巻の巻末に、僕のインタビューが、“巻末エッセイ”という形で、掲載されるのだ、しかも8ページにわたって。(孫の時代になってもおじいちゃんはこんな人だったんだよ、と伝えてもらえるだろう(笑))

大ファンの作家さんの本の巻末に、“読書感想文”が載るようなもので、それが長く残る。
それを想像するだけで、興奮して二晩くらい寝付きが悪かったくらいだ。

巻末エッセイの題名は、「リーダーシップ論の観点から読む『史記』」にして頂いた(ビジネスの観点からという角川春樹事務所さんからの意向でもあるが、)。

一国の存亡という面から漢の一時代として武帝時代を見れば、この時代は中興の時代と見る事が可能だと思う。その観点から、“中興”の中心となった武帝とその周りの人々の行動。栄枯と盛衰への序曲…
なぜ、衛青は、そう考え、そう動いたのか…?桑弘洋…は。
(李陵や蘇部についての感想までは、とても紙数が足りないのも事実だし、司馬遷にも言及できないですが)

いや、それ以上は、ここには書けない。
是非、7巻だけじゃなく、全巻セットでお買い求め頂き、エンタテインメント以外の観点からも楽しむ読み方もあることを実感頂ければと思う。

<原稿の写真>
史記武帝紀巻末エッセイ原稿写真.JPG

史記 武帝紀 1 (時代小説文庫)
北方 謙三
角川春樹事務所
売り上げランキング: 17,197

(これは第1巻)
配本は、来週金曜日の4月11日。待ち遠しい。

しかし、北方先生は、天才だ。

ビジネスマンではないのに、なぜ、経営の本質の大きな要素である「組織論・リーダーシップ」をこうも鮮やかに描きだせるのか?!

それはそうと、経緯は、こうだ。
(後半に続く…)続きを読む
posted by 成長企業プロデューサー 小松弘明 at 17:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史から学ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月03日

気軽にご相談下されば、それに応えるのが私たちのミッションです!

先週金曜日(3月28日)、大阪に出張してきた。

主な目的は、当社の営業力強化プログラムを受けた方が、受講後にいろいろな質問があるということで、
熱心にお問い合わせをしてくれたからだ。

メールで何本かやりとりしたが、実際にお会いして面談しないと微妙なニュアンスを伝える技術が僕にないので、(わざわざではないが)2時間半ほどコンサルティングさせて頂いた。(もちろん無料だ)

IMG_0008.JPG
(お茶をしながら…)

当社はそもそもコンサルティング会社で、研修会社ではないという背景があるし、我々の意気込みとしても、
(知識)研修なんて、役に立たないという気概がある。

もちろん、何でもかんでもお応えする訳にはいかないが、お急ぎでなければ、そして、僕でよければ、
経営上の営業課題には解決策を立案してご提示致します。
     ↓
【無料個別相談のお申込み】
https://krs.softbrain.co.jp/m/eigyo_004?__utma=46958899.928961556.1372915667.1396228570.1396340336.61&__utmb=46958899.4.10.1396340336&__utmc=46958899&__utmx=-&__utmz=46958899.1394182464.57.13.utmcsr=sb-service.co.jp|utmccn=(referral)|utmcmd=referral|utmcct=/index.html&__utmv=-&__utmk=226105759

posted by 成長企業プロデューサー 小松弘明 at 18:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 営業プロセスマネージメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月01日

もうすぐ帝政ローマ時代へ

通勤中、「ローマ人の物語」を読み始めたことを前々回のブログで書いた。
やっとユリウス・カエサルが暗殺され、帝政ローマに入ろうとしている。
何せ、1時間弱の通勤往復時間を割り当てているので、
10日間で7冊程度しか読めない。ペースは上がらない。
全43巻なので、心おれずに読み終わるには、残り30冊なので、1月超かかる計算になる。
まあ、GWを挟むので、GW中には全巻制覇するだろう。


それよりも“心おれるかもしれない”問題の方だが、“心配ご無用!”
とにかく面白すぎて、そんな気配は一切ない。
何が面白いと一言ではもちろん言えないが、日本では弥生時代にこれほどまでの記録がされていることにも
あらためて驚愕するし、何よりも塩野さんの筆致(編年体?)が素晴らしすぎる。

ちょいネタも満載で、例えば現在の書物の形、つまり表表紙があって背表紙があって、裏表紙がある、
どこからでも好きなページが開ける形式は、実はカエサルが起源なのだ。
そんな事も書かれていて、飽きる要素がない。

ちなみに、共和制ローマ時代の書物は、巻紙形式だったらしい。
(イメージ)
共和制ローマ時代の書物イメージ.jpg

パピルスに書かれており、尊厳高い演出効果も相まって巻紙形式だったらしい。
合理主義者でもあるカエサルは、いつでも好きなところが開けないかと考え、
巻紙を交互に折りたたんで、読み返したいところがあっても巻紙をいちいち最初から広げはじめなくても
読めるようにしていたらしい。

<僕は江戸時代の手紙のような感じかと思う>
oritatami tegamiimage.jpg

カエサルの方式は、同時代には全く支持されず、流行らなかった。荘厳さや威厳に欠けるという理由から
らしい。カエサルは、合理的で、超多忙だったため、流し読みをして後でもう一度読み返すなんてことを
していたんじゃないかな、なんて想像するだけでも楽しい。
(実際は羊の皮で書物が書かれるようになる中世になると、ごわごわで巻けないという理由から、
カエサル方式が採用されていく)

こんなプチネタがもちろん本論ではないが、
何度も言うが、自分自身に対して「なぜ今まで読んでいなかったのか!?」という後悔の念も強い。
それくらい名著である。

いよいよ、アウグストゥス時代が幕開けする。
ローマ人の物語〈15〉パクス・ロマーナ(中) (新潮文庫)

高校の世界史で勉強した時には何の疑問もわかなかったが、
「なぜ、共和制ローマから帝政ローマに移行したのか?」
「なぜ、王政ローマにもどらず、帝政ローマなのか?」「帝政と王政は何がちがうのか?」
「アウグストゥス(オクタビアヌス)はなぜ皇帝になれたのか?」等々の疑問が全て解決される。

何よりも、現代のさまざまな仕組み(政治・経済・法律)の原点がローマにあることを知るだけでも
この本を読む価値がある。

アメリカの覇権主義、中国の覇権主義は、ローマに通ず!
posted by 成長企業プロデューサー 小松弘明 at 19:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史から学ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月26日

「新卒採用」にまつわる二つの記事から…

下記にあげる二つの記事を読んで、もう30年近く前になる自分の就職活動を思い出した。

@“ドワンゴ・川上量生会長 「受験料徴収」の真意 大量の“廃人”を生み出す「就活」”
        ↓
 http://wedge.ismedia.jp/articles/-/3682

A大前研一氏が斬る「就活」 「新卒一括採用」に国際競争力なし
        ↓
  http://wedge.ismedia.jp/articles/-/3695

今、私が学生なら間違いなく「国際競争力のない日本人学生」であったろう。
一方、川上さんが戦った「リクナビのエントリー煽り」に振り回され、廃人になっていた可能性が高い。
正直な気持ちだし、とにかく就社がゴールだった思い出しかない。
(時代背景がよく、多くの内定をもらって就社には困らなかっただけである)

当時の私は、自分のこうなりたいという実現欲求はうすぼんやりとしていて、どうせなら、
“仕事を通じて幅広く世間が解るだろう”と銀行業界を志望したにすぎないし、どうせなら
おいしいものを食べたいと思い、給料のよさそうな業界を志望した。
大前さんに言わせれば、私なんてどうしようもない学生だろう。
(学生最後のある体験で、心の中には事業家になりたいなぁという種火はともしていたのだけれど…)

話は変わるが、

■川上さんの記事(ご発言)で、特に感銘を受けたのは、

「仕事は食うためにするものだと思います。少なくとも「自己実現」や「やりがい」なんてことを学生に教えるべきではないんじゃないかな。」

「日本は「新卒一括採用」だからこそ、世界で最も「職業選択の自由」が担保されていると言えます。また、「新卒一括採用」というしくみは日本全体の大規模なインターンのようなもの。入社し、数年後に辞めても、経験やスキルなどを得られて、お金ももらえるわけだから。」

「正々堂々と闘い、玉砕する弱肉強食の社会が「美しい」とは、僕は思いません。」

■大前さんの記事で、その通りと思ったのは、

「大学を卒業した学生の内定率が8割を切った」と大騒ぎをしたり、「新卒後、3年過ぎた者も“新卒”とみなす」としているのは、まさに本末転倒で日本しかない。」

「月に25万円を稼ぐのに、こんなに大変なのか、と体でわかっているほうがいい」

「政府は大卒後3年以内を新卒扱いにして雇用した企業に助成金を支給するとしている。こんな甘いことをしているのは、日本しかない」

強引にお二人の意見に対する私の好き嫌いを表明すれば、

@:A=7:3

で、川上さんに軍配を上げる。もちろん大前さんのご意見もごもっともだが…

組織で大きな成果を出す場合、ひとりの天才やカリスマ的存在だけがいてもダメなのである。
大前さんは、突出した人材の必要性を説いておられるのだろうが、
私は、一見“ひ弱”でも集団としてトップを支え、目標に一直線で進むことのできる組織こそ
グローバルで戦える組織だと確信している。むしろ、トップは、多少アホなほうがいいくらいだ(笑)。
なぜ、劉邦は項羽に勝って漢を建国できたか、という歴史を見れば、その原理もわかるはずだ。
項羽と劉邦 (上) (新潮文庫)
司馬 遼太郎
新潮社
売り上げランキング: 9,694

続きを読む
posted by 成長企業プロデューサー 小松弘明 at 19:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自他共育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月19日

一千年にわたる興亡の物語

あるきっかけで、中国の歴史小説を読んだ。正確には、読み返したと言った方が正しい。
それをきっかけとして、何となく中断し、本棚の奥にしまっていた、「ローマ人の物語」を読んでいる。

読まれている方からすれば、今頃?と言われそうだが、読書(本との出会いとお付き合い)には、タイミングがあると思う。

文庫版で全42巻あるので、長期戦になってしまうし、いつ中断してしまうかわからないが、しばらくはまりそうだ。

まだ、カエサル登場前、すなわち共和制ローマで三頭政治前の段階だが、1000年も続いた国の
あり方を知ることは、会社経営のヒントも盛りだくさん。

栄枯盛衰は世の常だが、その波を幾度となく乗り越えた秘密は、全てローマにあるといってもいいだろう。

読まれた皆さんもいろいろ感想があるでしょうが、ハンニバルと大スキピオの戦いは、本当に面白いし、
示唆にも富んでいますね。

通勤で文庫本は、弱くなった目のせいで、しばらくぶりだが、興味深い本とのお付き合いは、
そんな障害を簡単に吹き飛ばしてしまいますね。

といっても単行本になかなか手が出せないので、文庫版にしているだけですが。

ローマ人の物語 (7) ― 勝者の混迷(下) (新潮文庫)
塩野 七生
新潮社
売り上げランキング: 26,658


冒頭に書いた、「あるきっかけ」になった“中国歴史小説”についての話しは、近々、ブログに書きます。
私の人生で、幸せを最高に感じることのできたある出来事について、です。

FBを使うようになってブログの更新が減ってしまって、そろそろ何かブログに書きたいなと思っていた
矢先の出来事でした。(よく見たら、これも今年に入って初めての更新ですもんね。)

posted by 成長企業プロデューサー 小松弘明 at 19:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史から学ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月01日

謹賀新年!

あけましておめでとうございます!

2014年もあらたな気持ちでのぞみます。

どうぞよろしくお願い致します。

IMG_5380.JPG
posted by 成長企業プロデューサー 小松弘明 at 08:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 新年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!