2008年10月07日

家康の人財論

昨日のつづき‥

徳川家康の人材に対する考え方について、

こんな言葉が残っている。

家康像

『悪しきとて一切にその人を捨つべからず。

去年悪しくとも今年善きことあらば、その善きを取りて

先の悪しきを捨つべし、とかく前非を悔いて善に進むように

引き立つべし』

人財育成の真髄といえる。


posted by 成長企業プロデューサー 小松弘明 at 18:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史から学ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。