2011年12月22日

「リーダーシップ研修」をお探しの人事担当者の方、経営幹部の方へ!

今回のブログのタイトルに該当する方は、下記のURLをすぐにご覧ください。
            
               ↓

http://www.pm-college.jp/LP/seminer_tokyo/index08.html

ところで、

仕事柄、よく経営者の方とお会いするが、このごろよく話題にでるのが「リーダーシップ」という言葉だ。

ある方は、「どうもうちの会社のマネジャーはリーダーシップが弱いんだよね」とか、

ある方は、「リーダーシップなんて教えてどうなるもんでもないよ。」とおっしゃるし、

リーダーシップは教えられる (Harvard business school press)
シャロン・ダロッツ・パークス
武田ランダムハウスジャパン
売り上げランキング: 249444

 ↑ こんな本もありますよ!!

ある方は、「なんとかして身につけさせたいよね」とおっしゃる。

リーダーとリーダーシップは微妙に異なるもので、リーダーの発揮するべきリーダーシップもあれば、

お客様に対して発揮すべきリーダーシップもある。

そのことを理解しないで、ごちゃごちゃにして“身に着けさせようとしたり””教えたり”しても

あまり意味がない。小手先のノウハウや知識ではないからだ。

「人を動かす力」をリーダーシップの中心の力だとすれば、それは実体験でしか培われない。

とすると、「知識研修」では、まず意味がないということに結論づけられるだろう。

……


それでも何とか…プログラム化できないかと思い、当社がごくごく限られたお客様だけに提供してきた

「ゲーム型の研修プログラム」を来年早々1月17日(火)に体感頂きながら解説するセミナーを開催

します。

ゲームを通した“疑似体験”で、リーダーシップの本質的な構造と、成果がでない「阻害要因」を

理解してもらいます。

http://www.pm-college.jp/LP/seminer_tokyo/index08.html


このセミナーは、我々の「リーダーシップ開発プログラム」を解説するものです。

したがって、

「おもしろい研修はないかなぁ」「効果のある研修はないかな」と

来年の研修を検討される方に向けたセミナー

ですので、

http://www.pm-college.jp/LP/seminer_tokyo/index08.html

をよくお読みのうえ、お申込みください。

我々とご同業の方や、研修会社、コンサルタントの方は今回お断りさせて頂きます。

強気なことを書いてしまいますが、このプログラムは拡販する気はないプログラムです。

実際に研修でやる、「あるゲーム」を実際やります。

あまり集まらない場合は、このゲームができないため、セミナーを中止する場合もありますので、

その点だけは事前にご了承ください。

生意気ですが、

このプログラムを実施された会社様の満足度は、これまで100%といっても過言ではありません。





posted by 成長企業プロデューサー 小松弘明 at 18:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | リーダーシップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!