2014年03月26日

「新卒採用」にまつわる二つの記事から…

下記にあげる二つの記事を読んで、もう30年近く前になる自分の就職活動を思い出した。

@“ドワンゴ・川上量生会長 「受験料徴収」の真意 大量の“廃人”を生み出す「就活」”
        ↓
 http://wedge.ismedia.jp/articles/-/3682

A大前研一氏が斬る「就活」 「新卒一括採用」に国際競争力なし
        ↓
  http://wedge.ismedia.jp/articles/-/3695

今、私が学生なら間違いなく「国際競争力のない日本人学生」であったろう。
一方、川上さんが戦った「リクナビのエントリー煽り」に振り回され、廃人になっていた可能性が高い。
正直な気持ちだし、とにかく就社がゴールだった思い出しかない。
(時代背景がよく、多くの内定をもらって就社には困らなかっただけである)

当時の私は、自分のこうなりたいという実現欲求はうすぼんやりとしていて、どうせなら、
“仕事を通じて幅広く世間が解るだろう”と銀行業界を志望したにすぎないし、どうせなら
おいしいものを食べたいと思い、給料のよさそうな業界を志望した。
大前さんに言わせれば、私なんてどうしようもない学生だろう。
(学生最後のある体験で、心の中には事業家になりたいなぁという種火はともしていたのだけれど…)

話は変わるが、

■川上さんの記事(ご発言)で、特に感銘を受けたのは、

「仕事は食うためにするものだと思います。少なくとも「自己実現」や「やりがい」なんてことを学生に教えるべきではないんじゃないかな。」

「日本は「新卒一括採用」だからこそ、世界で最も「職業選択の自由」が担保されていると言えます。また、「新卒一括採用」というしくみは日本全体の大規模なインターンのようなもの。入社し、数年後に辞めても、経験やスキルなどを得られて、お金ももらえるわけだから。」

「正々堂々と闘い、玉砕する弱肉強食の社会が「美しい」とは、僕は思いません。」

■大前さんの記事で、その通りと思ったのは、

「大学を卒業した学生の内定率が8割を切った」と大騒ぎをしたり、「新卒後、3年過ぎた者も“新卒”とみなす」としているのは、まさに本末転倒で日本しかない。」

「月に25万円を稼ぐのに、こんなに大変なのか、と体でわかっているほうがいい」

「政府は大卒後3年以内を新卒扱いにして雇用した企業に助成金を支給するとしている。こんな甘いことをしているのは、日本しかない」

強引にお二人の意見に対する私の好き嫌いを表明すれば、

@:A=7:3

で、川上さんに軍配を上げる。もちろん大前さんのご意見もごもっともだが…

組織で大きな成果を出す場合、ひとりの天才やカリスマ的存在だけがいてもダメなのである。
大前さんは、突出した人材の必要性を説いておられるのだろうが、
私は、一見“ひ弱”でも集団としてトップを支え、目標に一直線で進むことのできる組織こそ
グローバルで戦える組織だと確信している。むしろ、トップは、多少アホなほうがいいくらいだ(笑)。
なぜ、劉邦は項羽に勝って漢を建国できたか、という歴史を見れば、その原理もわかるはずだ。
項羽と劉邦 (上) (新潮文庫)
司馬 遼太郎
新潮社
売り上げランキング: 9,694

続きを読む
posted by 成長企業プロデューサー 小松弘明 at 19:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自他共育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月19日

一千年にわたる興亡の物語

あるきっかけで、中国の歴史小説を読んだ。正確には、読み返したと言った方が正しい。
それをきっかけとして、何となく中断し、本棚の奥にしまっていた、「ローマ人の物語」を読んでいる。

読まれている方からすれば、今頃?と言われそうだが、読書(本との出会いとお付き合い)には、タイミングがあると思う。

文庫版で全42巻あるので、長期戦になってしまうし、いつ中断してしまうかわからないが、しばらくはまりそうだ。

まだ、カエサル登場前、すなわち共和制ローマで三頭政治前の段階だが、1000年も続いた国の
あり方を知ることは、会社経営のヒントも盛りだくさん。

栄枯盛衰は世の常だが、その波を幾度となく乗り越えた秘密は、全てローマにあるといってもいいだろう。

読まれた皆さんもいろいろ感想があるでしょうが、ハンニバルと大スキピオの戦いは、本当に面白いし、
示唆にも富んでいますね。

通勤で文庫本は、弱くなった目のせいで、しばらくぶりだが、興味深い本とのお付き合いは、
そんな障害を簡単に吹き飛ばしてしまいますね。

といっても単行本になかなか手が出せないので、文庫版にしているだけですが。

ローマ人の物語 (7) ― 勝者の混迷(下) (新潮文庫)
塩野 七生
新潮社
売り上げランキング: 26,658


冒頭に書いた、「あるきっかけ」になった“中国歴史小説”についての話しは、近々、ブログに書きます。
私の人生で、幸せを最高に感じることのできたある出来事について、です。

FBを使うようになってブログの更新が減ってしまって、そろそろ何かブログに書きたいなと思っていた
矢先の出来事でした。(よく見たら、これも今年に入って初めての更新ですもんね。)

posted by 成長企業プロデューサー 小松弘明 at 19:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史から学ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!