2008年10月05日

小松帯刀とは

小松帯刀は、幕末薩摩藩の家老に若干28際で就任。

島津久光の懐刀として、西郷隆盛、大久保利通と維新を強力に

推進した人物である。

天璋院篤姫と小松帯刀が、同年生まれであることは、

大河ドラマで有名になったが、坂本龍馬とも同い年で、

親友といっても良い関係だった。

龍馬を超えた男小松帯刀
原口 泉
グラフ社
売り上げランキング: 7038


龍馬が寺田屋で襲撃されたあと、薩摩藩邸に収容され、なんとか

死なずにすんだのも、小松のおかげであろう。

おりょうとの新婚旅行に薩摩が選ばれたのも、帯刀の配慮があった

にちがいない。

また、薩長同盟の話し合いがされたのは、京都にあった、

小松帯刀邸でほとんどなされたと言われている。

僕は、自分と同姓であることもあって、“竜馬がゆく”を初めて読ん

だ中学生のころからとても大好きな人物だ。

残念ながら、体がよわく、龍馬暗殺より3年後、36歳という

若さでなくなってしまっている。

歴史にifは無いといわれるが、帯刀がもう少し長生きしていれば、

「西南の役」ももう少し形をかえた決着だったのかもしれない。

堅い話しは、これまでとして、

「小松帯刀」という焼酎がある。

焼酎 小松帯刀.jpg

僕は、知り合いから頂いた。ネットでも購入できる。
http://www.fukiage.co.jp/amuse/index.html

篤姫を見ながら飲るのも一興。名宰相の味がするかも。

posted by 成長企業プロデューサー 小松弘明 at 15:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史から学ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/107240850

この記事へのトラックバック
blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!