2008年10月19日

レッドクリフ

いよいよ三国志がジョン・ウー監督によって映画化された、

レッドクリフ」が公開される。

MI(ミッションインポシブル)などで有名な、ジョン・ウー

監督が、私財も投入している作品だということでも、

大変興味深い。


昨日の朝日新聞の「Be on Saturday」では、

エイベックス・エンターテイメントの梅原健さんという方が、

取り上げられていた。

三国志フリークの僕としては、単に記事を読ませて頂いただけなのだ

が、とても感謝の気持ち一杯になってしまった。

エイベックスは、配給だけではなく、製作にも出資されていて、

この梅原さんが、ご尽力されたそうなのだ。
   ↓


記事によると、30年で、「アマデウス」等、

5本のアカデミー賞作品を買い付けられた、敏腕バイヤーで

あられる。

しかも、お生まれが高知だと、紹介されていたので、さらに

親近感がわいてしまったのだ(笑)。

このごろ、映画館に行ってまで見たいと思う映画が少ない。

ない、といってもいいくらいだ。

レッド・クリフは、必ず映画館でみたいと思っている。

会社をサボってでも‥(笑)




posted by 成長企業プロデューサー 小松弘明 at 11:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 「三国志」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。