2008年11月04日

中国がくしゃみをすると

先週、和歌山県、滋賀県と出張していた。

和歌山リビング新聞社の秦社長様、西田常務、秦本部長、木村部長、

大変お世話になりました。ありがとうございました。


ところで、

いつも、出張の時には売店で本を一冊買ってのりこむ。

今回は、これだ。

「数字力」養成クイズ―世の中が見える (中経の文庫 な 5-1)
「数字力」養成クイズ―世の中が見える (中経の文庫 な 5-1)

今回の金融危機以前のデータもあり、変化の著しい数字もあるが、

題名通り、「世の中が見え」て、おもしろい。

59p〜

現在の米国の貿易赤字に対する対日貿易赤字額の割合は、10.5%

で2位。代わって中国が32.4%も占めている。

60P〜

日本の貿易相手国としても中国は格別で、

全輸出額83兆9314億円のうち、12兆8390億円は

米国に次ぐ。

また、輸入額にいたっては73兆1359億円中、15兆355億円

で、シェア20.6%だ。


米国がくしゃみをすると、中国が風邪をひき、

中国がくしゃみをすると、日本もくしゃみをする関係だ。



ラベル:輸入 輸出 貿易 中国
posted by 成長企業プロデューサー 小松弘明 at 18:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。