2009年01月09日

龍馬三昧

こんな世相だから、というわけではない。

地方が疲弊しているからというわけでもないが、

なぜか、この正月休みに、二冊の「坂本龍馬」本を読んだ。

坂本龍馬 (岩波新書)
坂本龍馬 (岩波新書)
posted with amazlet at 09.01.04
松浦 玲
岩波書店
売り上げランキング: 7429

        ↑
学術的な内容だが、龍馬の足跡を追うには良い本だ。


もう一冊が、これ。
    ↓

龍馬暗殺の謎 (PHP新書)
木村 幸比古
PHP研究所
売り上げランキング: 100442



龍馬は、「船中八策」が有名だが、「藩論」という著作があることを、

この本で知った。

“暗殺の謎”という歴史ミステリーの本だけではないところがいい。


もう一点、

この本で教えられたことがある。

この本の冒頭に書かれていた、竜馬のことばである。


『丸くとも一かどあれや人心

  あまりまろきはころびやすきぞ』


今年は、僕もエッジを立てていこう!

ころばないように‥
posted by 成長企業プロデューサー 小松弘明 at 18:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史から学ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。