2009年01月10日

時代の切り取り方

夏の終わりからだったと思うが、少しづつ読み進めてきた、

宮城谷昌光さんの「三国志」の第7巻も、この正月休みに

読み終わった。

劉備がいよいよ益洲(蜀)を奪取する。

三国志〈第7巻〉
三国志〈第7巻〉

この宮城谷さんの三国志の第1巻には別冊がついていて、

あらためて読み直してみた。


冒頭を引用させて頂くと、

曹操、袁紹、袁術、孫堅、公孫サン、劉備、呂布などが活躍するのが
三国時代であると誤解している人は少なくない、と思われる。

が、それら群雄のなかで三国時代まで生きていたのは、劉備ただひとりである。(中略)

ちなみに中国史の年表は、曹操の子の曹丕が帝位に即いたニニ〇年を三国時代の開始とする。

魏の初代皇帝は曹丕であり、蜀が劉備、呉が孫権であるのだが、劉備はニニ三年の四月に死去してしまうので、三国時代は曹丕、劉禅、孫権が鼎立する治乱の歴史であると想うべきなのである。

        ※公孫サンのサンのフォントがでませんでした。

 ↓

三国時代は、約60年。

後漢末から100年が、一般的に三国志として著される。

連綿とながれる時間の中で、ある時代を切り取り、見るためには、

その前の時代、いや、その前の前の時代あたりから振り返ることが

必要だ。


今、100年に一度という変革の時代を

僕らは生きているのかもしれない。

今の平成という時代は、少なくとも明治の終わりあたりから

振り返る必要があるのではないだろうか?

ふと、別冊を読んでいて心にひっかかったのであった。



posted by 成長企業プロデューサー 小松弘明 at 14:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 「三国志」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/112158514

この記事へのトラックバック
blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。