2009年01月22日

ハイ・コミットメント/ハイ・パフォーマンス企業

ハーバード・ビジネス・レビューの2月号は、

『人を動かすリーダーシップ』

その66Pから、

“本物のリーダーは社員と業績を秤にかけない”

という記事があり、興味深く読んだ。

社員たちと強い信頼で結ばれた企業を、この記事では、

ハイ・コミットメント/ハイ・パフォーマンス企業(HCHP企業)

と呼んでいる。

Harvard Business Review (ハーバード・ビジネス・レビュー) 2009年 02月号 [雑誌]
Harvard Business Review (ハーバード・ビジネス・レビュー) 2009年 02月号 [雑誌]
(アマゾンはこちら↑をクリック)

企業の生き残りをかけた大規模な人員整理を断行しながらも、

決断を実行に移し、結果、好業績に移行させた事例も紹介されている。

大きな目標に向ってのリーダーシップを発揮する秘訣は、

1、信頼を勝ち取る
2、社員と強い絆を築く
3、目標に焦点を絞る
4、リーダー層全体の能力を向上させる

もちろんのこと、上記4つの詳細すべてはここで紹介できないが、

お題目としてのスローガンではない。


記事の最後は、こう締めくくられている。

『急ぎ足で未来を切り開く。目標すべてを達成することにこだわり、

けっして妥協しない。そのために、他のリーダーがともすれば目を

背けがちな課題、すなわち社員と業績のどちらかを選択するかという

究極のジレンマを解決するために、包括的な解決策を見出す。

こうして、偉大なる企業を築き上げるのだ』と‥


正直言って、僕自身、

いろいろな面で、また、大袈裟に言えば、毎日

“究極のジレンマ”に直面する。

いつも迷い、決断が遅くなる。

せめて、まずは理解することからはじめようと。

posted by 成長企業プロデューサー 小松弘明 at 18:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | マネージメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/112915149

この記事へのトラックバック
blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。