2010年05月01日

村上春樹さんとジャズをくっつけて楽しもうDジャズ初心者の方へ

昨夜のつづき

ビル・クロウさんは、「さよならバードランド」につづき、

もう一冊、出版されている。


ジャズ・アネクドーツ (新潮文庫)

ジャズ・アネクドーツ (新潮文庫)

  • 作者: ビル クロウ
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2005/06
  • メディア: 文庫




アネクドーツとは、「逸話」とか、「秘話」という意味である。

前作に比べ、さらにジャズマンに詳しくないとわからない部分が

多くなるかもしれないが、1940年代〜60年代のアメリカの

ジャズシーンが、よくわかる。


ジャズ・アネクドーツ

ジャズ・アネクドーツ

  • アーティスト: ジョー・コーン,ビル・クロウ,カーメン・レギオ,デビッド・ジョーンズ
  • 出版社/メーカー: ヴィーナス・レコード
  • 発売日: 1999/11/25
  • メディア: CD





これも、ビルクロウ・カルテットによる同名のCDが、

ビーナスレコードから出ている。

アネクドーツという題名とは、ちょっとちがい、

さよならバードランド同様、すごくかっこ良い。

これも僕のお気に入りだ。

ついでに紹介しておくと、ビル・クロウさんがサイドマンを務めるもの

で、僕がお薦めしたいのは、次の3枚。


スタンゲッツグループに参加していた頃の名作。

スタン・ゲッツ・プレイズ+1

スタン・ゲッツ・プレイズ+1

  • アーティスト: スタン・ゲッツ,デューク・ジョーダン,ジミー・レイニー,ビル・クロウ,フランク・イソーラ
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック クラシック
  • 発売日: 2007/11/21
  • メディア: CD




ジェリーマリガングループに参加していた頃の名作

ナイト・ライツ

ナイト・ライツ

  • アーティスト: ジェリー・マリガン,アート・ファーマー,ボブ・ブルックマイヤー,ジム・ホール,ビル・クロウ,デイブ・ベイリー
  • 出版社/メーカー: マーキュリー・ミュージックエンタテインメント
  • 発売日: 1997/10/08
  • メディア: CD




これは、グループとして参加していたものかどうか僕には
わからない。ただ、マイルス・デイビスのサイドピアノを
務めていたアルヘイグとの共演でもあり、質の高いセッションだと
思う。
3枚の中では、これが一番好きである。

ジャズ・ウィル・オー・ザ・ウィスプ

ジャズ・ウィル・オー・ザ・ウィスプ

  • アーティスト: アル・ヘイグ・トリオ,ビル・クロウ,アル・ヘイグ,リー・エイブラムス
  • 出版社/メーカー: ヴィーナス・レコード
  • 発売日: 1996/02/25
  • メディア: CD




また、また。


posted by 成長企業プロデューサー 小松弘明 at 10:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。