2010年04月20日

知識労働者が企業競争力の源泉

今日は、大阪に出張している。

ある会社の代表者と、

「売れる仕組みづくり一般財団」http://www.jsmf.jp/

のあたらしい講座を開設する準備のためだ。

その講座は、米国マクドナルド社の店舗オペレーションの

ノウハウがぎっしりと詰まっている。

大企業のオペレーションでは当たり前になっていても、

中堅・中小企業にとっては、コストが高すぎたり、

馬尺にあわなかったりする部分をリーズナブルに、コンパクトに

まとめて講座として提供できればと考えている。

ドラッカーさんの言葉を引用させて頂くと、「知識労働者」の

育成講座にしたい。
    
       ↓

DruckerBOT / ピーター・ドラッカーBOT
知識そのものを競争力要因とするわけにはいかない。知識そのものは瞬時に伝播する。したがって、先進社会が30年、40年にわたって手にすることのできる競争力要因は知識労働者しかない。 at 04/18 09:42



仮称「店舗運営講座1級」にご期待ください。

スタートは、夏前かな?
posted by 成長企業プロデューサー 小松弘明 at 18:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 営業プロセスマネージメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/146877294

この記事へのトラックバック
blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。