2010年05月04日

村上春樹さんとジャズをくっつけて楽しもうG

「国境の南・太陽の西」がジャズのタイトルをヒントに題名がつけられ

ていることはすでに書いた。

村上さんの作品で、音楽のタイトルがつけられた最も有名なものは、


ノルウェイの森 上 (講談社文庫)

ノルウェイの森 上 (講談社文庫)

  • 作者: 村上 春樹
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2004/09/15
  • メディア: 文庫




「ノルウェイの森」だろう。


ノルウェイの森(下)

ノルウェイの森(下)

  • 作者: 村上 春樹
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1987/09/10
  • メディア: 単行本





皆さんご存じのようにビートルズの曲がそのままタイトルに

なっている。

ジャズの世界でも、ジャズスタンダードと言われるもの以外では、

もちろん演奏家のオリジナル曲もあるが、

クラッシック、ポピュラー、ラテン、ロック等々カバーしたものも

数限りなくある。

ビートルズの「ノルウェーの森」は僕が知る限りでは、

よくピアノでカバーされている。

その中でも僕が一番好きなのは、


ノルウェーの森

ノルウェーの森

  • アーティスト: ヨーロピアン・ジャズ・トリオ
  • 出版社/メーカー: エム アンド アイ カンパニー
  • 発売日: 2003/11/19
  • メディア: CD




ヨーロピアン・ジャズ・トリオの「ノルウェーの森」

ピアノはカレル・ボエリー、ベース、フランス・ホーバン、ドラムは

ロイ・ダッカスというトリオである。

実は、このヨーロピアン・ジャズ・トリオだが、そもそもの企画は日本

発のトリオなのだ。

結構日本のジャズプロデュース力は高く、MJQも日本らしい。

親近感がわくよね。

この一枚には、ノルウェーの森や、サマータイム、いそしぎなど、

我々にもとっつきやすい曲がたくさんはいっているし、

何よりもトリオの雰囲気が名前の通り欧風なので、女性なんかには、

本当にお勧めの一枚だと思う。

我が家でも家内がよく聞いている。

1988年に結成されたトリオだが、長寿で、今も活躍している。

一代目のピアノのカレルボレリーさんが、

二代目のマーク・バン・ローンさんの代わっているが、テイストは

まあ同じで、曲が流れると部屋全体が“ホテルライク”な雰囲気

になるかな。


バリバリのジャズ好きな方で、鼻で笑う方もいるかもしれないが、

初心者の方で、まずは、ピアノから、という人には最適だろう。

ちなみに、日本人はピアノトリオ好きだという説がある。

クラッシックでもそうだといわれる。

なぜかというと、家が小さく、ご近所のことも考えると、

大音量でなくても音質も含めて楽しみやすいピアノ曲が選ばれやすい

からだそうだ。

完全防音の専用部屋なんて、夢のまた夢ですもんね。

僕はたかだか700枚弱しか持ってないが、厳密に数えたわけじゃ

ないけど、60%〜65%はピアノ系だと思う。


それでは、また。
posted by 成長企業プロデューサー 小松弘明 at 12:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。