2010年05月07日

村上春樹さんとジャズをくっつけて楽しもうJ

残念ながら、

意味がなければスイングはない

にとりあげられているジャズメンは、3人しかいない。

シダー・ウォルトンさん、スタン・ゲッツさん、それに、

ウィントン・マルサリスさんだけだ。


Marsalis Standard Time, Vol.1

Marsalis Standard Time, Vol.1

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Sony BMG
  • 発売日: 1988/05/19
  • メディア: CD




ウィントン・マルサリスさんに対する村上さんの批評は、

退屈だ、と結構手厳しい。

なぜか、僕も、上記の1枚しかもっていない。でも、いい音だけどな。


ポートレイト・イン・ジャズ (新潮文庫)

ポートレイト・イン・ジャズ (新潮文庫)

  • 作者: 和田 誠
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2003/12/20
  • メディア: 文庫




という事で、また、「ポートレイト・イン・ジャズ」に戻るが、

僕が好きなピアノマンにオスカー・ピーターソンという人がいる。

アメリカ人ではなく、カナダのモントリオール出身だ。

『多作ではあるが平均点が高くて、失敗作と呼ぶべきものがあまり

見当たらない』と村上さんも書いている。その通りだと思う。

村上さんはリーダーアルバムで50枚以上もっているそうだ。

そういう点からもジャズ初心者の方にお勧めのピアノマンだと僕は

思っている。


プリーズ・リクエスト

プリーズ・リクエスト

  • アーティスト: オスカー・ピーターソン・トリオ
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック クラシック
  • 発売日: 2003/04/23
  • メディア: CD






シェークスピア・フェスティヴァルのオスカー・ピータソン+2

シェークスピア・フェスティヴァルのオスカー・ピータソン+2

  • アーティスト: オスカー・ピーターソン,ハーブ・エリス,レイ・ブラウン
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック クラシック
  • 発売日: 2010/01/27
  • メディア: CD





ナイト・トレイン

ナイト・トレイン

  • アーティスト: オスカー・ピーターソン・トリオ
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック クラシック
  • 発売日: 2003/04/23
  • メディア: CD





ウエスト・サイド・ストーリー

ウエスト・サイド・ストーリー

  • アーティスト: オスカー・ピーターソン・トリオ
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック クラシック
  • 発売日: 2003/05/21
  • メディア: CD




上記の4枚ぐらいから聞き始めるのがいいのではと思う。

といいながら‥

ちょっとアルバムタイトルが季節感がないが、

僕は、↓の「枯葉」がいちばん気に入っている。


枯葉

枯葉

  • アーティスト: オスカー・ピーターソン,ステファン・グラッペリ,ニールス・ペデルセン,ケニー・クラーク
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック クラシック
  • 発売日: 2005/12/14
  • メディア: CD




ステファン・グラッペリという人はジャズ界では有名なバイオリニスト

で、ピーターソンさんの押さえ気味の音とうまくマッチしている。

秋に聴いてもらいたい1枚なのだ。



ラベル:村上春樹 ジャズ
posted by 成長企業プロデューサー 小松弘明 at 22:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。