2011年06月12日

紫陽花にまつわる独り言

今年は、ゴールデンウィーク恒例の鉢植えhttp://kaicho.esm-ms.jp/article/199205843.htmlで、

一鉢だけ、アジサイに挑戦していた。

梅雨空になると、日々草だけでは、物足らなく感じるときがあるからだ。

ここにきて、しっかりと花をさかせてくれ始めた。

アジサイ1.jpg

中野の島忠で、苗を買ってきて植え替えただけのものだが、しっかりと根付いて花をさかせてくれると

ホッとするし、ほっこりとする。

日本原産の「ヤマアジサイ」を今回は、選んだ。

僕は決して右翼ではないが、今年は「日本原産」にこだわりたいと思ったからだ。

アジサイ3.jpg

アジサイは、「紫陽花」と漢字で書かれることが多い。

ちょっと調べたら、古くからの文字の世界であらわされる場合、
 
「万葉集」では 2通り “味狭藍”  “安治佐為”と書かれているらしい。

そのほかでは “安知左井”“安豆佐為”と書かれている書物もあるとのことだ。

では、紫陽花と書かれる理由はなぜかというと、

アジサイに何か漢名をあてはめる必要に迫られたとき、

唐の詩人白楽天の詩の中から日本のアジサイとは全く別植物の「紫陽花」を持ち出してきたらしい。

以来、アジサイは「紫陽花」となったとのことである。


そのため、アジサイは日本原産のものがあるにもかかわらず、中国渡来の植物との誤解が多いらしい。

西洋アジサイは、日本のものが18世紀後半からヨーロッパに持ち出され品種改良され、逆輸入された

ものとのことである。

いずれにしても紫陽花は、梅雨空によく似合う。

アジサイ2.jpg

全く余談ながら、今から30年前、僕はZ会の通信添削をやっていた。

その時のネームが、「紫陽花」だった。

「紫陽花」という文字の配置が好きで使っていたのだが、

成績優秀者のリストに「紫陽花」の文字を見つけると、ちょっと小躍りしたものだ。

高知の田舎者が、都会の猛者たちに負けないで、がんばった証だと当時は考えていた。

今となっては、ただの思い出である。
posted by 成長企業プロデューサー 小松弘明 at 10:21| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 休日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/209296118

この記事へのトラックバック
blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!