2011年09月18日

2002年以降、国内製造業の約4万社が消滅


この記事をどう捉えるか?

約10年で4万件の製造業が消滅しているという事実。

自然淘汰という言葉があてはまるのか、経営努力不足なのか?

その原因については、正直言って僕にはわからない。

環境変化の事実に真正面から目を向けることが必要だ。

安易な楽観論も悲壮ただよう悲観論も今の日本には不要なような気がする。


記事は、こちら ↓
http://news.www.infoseek.co.jp/topics/business/n_bankruptcy3__20110916_3/story/itmedia20110915073enterprise/

「調査会社の帝国データバンクは9月15日、国内製造業の実態調査結果を発表した。2002年以降で約4万社が破産などにより消滅していることが明らかになった。同調査は、帝国データバンクの企業概要データベース「COSMOS2」(140万社収録)を基に2000年1〜12月期と2010年1〜12月期における国内製造業全体の売上高合計を集計し、その増減について分析を行った。破産、特別清算、休廃業・解散の各件数を集計した「消滅企業」の年別推移を見ると、毎年4000社前後の製造業が消滅しており、集計可能な2002年以降の累計で3万9872社に達する。」

元ネタはこちら ↓
http://www.tdb.co.jp/report/watching/press/p110907.html

国内製造業の「消滅」.jpg

ここ2年、僕の周りでも実際おきていることを書いておこう。

ある日、当社の営業支援ソフトを利用しているメーカーから、ソフトの使用停止の連絡があった。

中堅のメーカーさんで、300億規模の会社だ。

使用停止の理由をお聞きするため訪問させていただいた。

「主力の営業部隊を全員海外にシフトするので、国内の利用者がほんの数名になります」

製造拠点の空洞化は、誰でも想像できるが、実際には、中堅以上では、営業のシフトも水面下では

おきている。

先日、北京に行った時、ちょっとしたご縁があって、ある上場大企業の中国における責任者の方と

お話しをする機会があった。勉強不足だったので、厚顔無恥にダイレクトにお尋ねした。

「海外売上比率は何%ですか?」 「70%は超えてます。」「今度、四川にも工場を新設するんですよ」

まだまだある。

PM大の名古屋校には、ある大手のマテリアルメーカーの部長さんが参加されており、お話しをよく聞く。

大手自動車メーカーの担当の部長さんだが、国内の工場が二ヶ所稼働しておらず、大変な状況だそうだ。

「そういう状況だと、やはり工場の海外移転は検討されてますよね?」と僕。

「そうですね、当り前のように…」

「空洞化って仕方ないですね。部長も海外勤務なんてあるんですかね?」

「仕方ないですね、いつでも行く用意はしてますよ」

政治のごたごたはゴタゴタとして問題だが、そんなことに気を取られている場合ではないだろう。

中小企業であっても、いつでも海外にでる覚悟と、海外で戦う強みを磨かなければならないことが、

明確になっている。
ラベル:不況 製造業
posted by 成長企業プロデューサー 小松弘明 at 18:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。