2012年05月21日

もっと見ていたかった金環日食

今朝の“金環日食”皆さん見られましたか?

僕は、自宅の屋上で、家内とじっくり見ました。

5:45に起床して、6:00からスタンバイ。
この時点では、曇り空で、太陽は見えなかったのですが、
しばらくすると、リビングに太陽の光が差し込んでくるのがわかった。
ニュースでは、埼玉県の加須市の太陽の様子をずっと映していた。

僕は、極めつけの「晴れ男」なので、絶対見られると根拠のない自信で一杯だったが、
やはり、その勘は的中。

金環日食.jpg
(友人の赤江さんの写真を拝借してます)

リング状のほぼ完璧な“金環日食”を夫婦で観察できたという訳だ。

唯一の失敗は、一眼レフに装着する“日食用NDフィルター”を土曜日に買いにいったのだが、
すでに売り切れで、写真撮影をあきらめざるを得なかったことだ。

事前準備不足。

日食グラスは、ビクセンさんのものを2枚、夫婦それぞれで用意してあったので、
日食グラス.JPG
目を傷めることもなく、無事観察できたのでした。
あらためてじっくり観察すると、うす曇りとはいえ、太陽光は、結構強く、
テレビでしきりに注意していたのも納得でした。

会社は、観察後出社であったが、僕が到着したら、ほとんどの社員はすでに出社していた。
全員が、観察できたわけではなく、千葉方面の方は、雲が厚く、ダメだったそうだ。

子供の小さな社員から、
「おかげさまで、子供と一緒に楽しめました」の声を聞き、

「よかったね」と言ってみたが、

何を隠そう、自分が一番楽しんでいたのであった。

しかし、リング状になるのは、一瞬に感じられ、
できれば、もっともっと長く見られれば、と思うほど、感動的であった。

自然の営みは、人類の手の届かないところにあるからこそ、美しいのだと実感できる、
いい1日でした。

ビクセン様にも感謝!!!!
http://www.vixen.co.jp/
「日食観測隊」
http://scopepeople.jp/tseo/special.html


ところで、

<<日食グラスの役目はまだ終わっていない!>>
約2週間後、また日食グラスが活躍の場がある。
6月6日の「金星の日面経過」と呼ばれる現象だ。
日本全国で、午前7時過ぎ〜午後1時ごろにかけて、
金星が太陽の前を横切っていく様子が日食グラス越しに観測できる。
この現象はたいへん珍しく、次回は105年後。
世界中、どこへ行っても105年後まで見ることはできない。
つまりはほとんどの隊員にとってはラストチャンスとなる。見逃さないでほしい。





posted by 成長企業プロデューサー 小松弘明 at 19:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/270855492

この記事へのトラックバック
blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。