2006年07月01日

たこの日

夏本番前、蒸し暑い日が続いて、どうも体がしゃきっとしない。

食欲が落ちる季節だ。

買い物にいったら、あるスーパーで「たこの日」キャンペーンをやっていた。

なぜ「たこの日」か?

7月2日ぐらいから七夕前は「半夏生(はんげしょう)」という期間。

雑節のひとつで、半夏(はんげ)=烏柄杓(からすびしゃく)という薬草が生えるころだそうだ。

また、田植えをこの頃までに済ましておいた方が良いという目安でもあったとの事だ。

昔から稲の豊作と健康を願って、夏至から11日目にたこを食べる風習が主に関西の風習であるらしい。

日本文化いろは辞典」や『フリー百科事典ウィキペディア(Wikipedia)』で調べてみた。

だから、「たこの日」。

「知」の花はいろいろなところに咲いている。

家内と一緒に買い物に行くのが、また楽しくなった。

ちなみに、夕食のおかずの一品は「たこキムチ」に決定した。

たこキムチ.jpg
(調理中!)

banner_04.gif
←このキャンペーンを考えた方にも応援を。
posted by 成長企業プロデューサー 小松弘明 at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 「健康」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/32397952

この記事へのトラックバック
blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。