2006年07月28日

ちょっと一休み〜「分解」の効用@

「分解」、「分解」と固苦しい話しが続いたし、今日は金曜日なので、少し骨休みを。

来週の月曜日の朝礼のネタになるようなお話。

私がセミナーでしゃべったり、ソフトブレーングループの新入社員向けに話したりしてるので、ちょっともったいない気が‥‥

********************************

aisatu.gif

「あいさつはなぜ必要か?どうしてするのか?」
〜ブンカイするとあいさつの本質が見えてくる!

あいさつは、会社であれば上司、クラブであれば先輩、学校であれば先生と、下から目上の人に対する「礼儀」でするものという誤解がないですか?

さらには、ビジネス上で商談に支障がないように、「お客様にはしっかりあいさつをしましょう!」などと、まちがった社員教育をしてはいないだろうか?

確かに、「礼儀」や「作法」は重要なのはあたりまえだが、相手に気持ちよくなってもらおうとか、相手に「敬意」をあらわすためだとか、そうした精神論的解釈やそれを実現する手段だと位置づけしてしまうと、「あいさつの本質」を大きくまちがって理解してしまう。

もし、ビジネスを上手くすすめるために「あいさつ」をするのであれば、お客様にならない方にはあいさつをしなくてもいいことになり、逆に失礼極まりない。

「あいさつ」は漢字で「挨拶」と書く。

挨 拶

元々は仏教用語だ。

ここまでだと、まだ、精神論から抜け出せない。
むしろ精神論に舞い戻ってしまいそうだ。

ここで、ちょっといたずら心が湧いてきた。

この話しも分解してしまおう!いや、これは分割?

明日、続きを書きます!

皆さんがどれだけ読んで頂けるか楽しみになってきた。
わくわく、ドキドキ‥‥

********************************

子供の頃、目覚まし時計を分解しませんでしたか?
あのときのわくわくした感覚。
組み立て直す時、ドキドキしませんでしたか?

仕事もわくわく、ドキドキしながら楽しみたいですね。

それでは、よい週末を。

banner2.gif
←クリックよろしくお願いします。
posted by 成長企業プロデューサー 小松弘明 at 10:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 営業プロセスマネージメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Teamも分解。名前も単体にしてみました。ステキな香りをありがとうございます。(←楽屋オチ。このために今日アクセスしてみました(笑))

気になるお話なのにひっぱりますね。
それなのに私ったら月曜日は夏休みいただくんですよね。ちっ。
Posted by yellow@山田 at 2006年07月28日 13:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。