2006年08月08日

営業プロセスマネージメントE〜人材概論A

よく、「人が大事」といわれる。「人は石垣、人は城‥‥‥」。

「人を大事にしない企業は‥‥」

全くその通りである。

ただ、「大事にすべき人材とは?」‥‥と考えることも同時に重要だ。

今回はまず「人材」そのものを分類してみる。

まず、「階層」がひとつの分類方法だ。

@TOP(社長、CEO)

A経営層(取締役〜部長クラス)

Bミドルマネージメント(課長〜係長クラス)

C従業員・社員(現場)

それぞれに求められる能力・知識・スキル等々、分けて考える必要があるだろう。

@TOPとA経営層を明確に分けることは、当たり前だが、おもしろい話しがある。

松井証券の松井社長さんにセミナー講師をしていただいた時の話しだ。

好き嫌いで人事


「社長と副社長の給料の差は、副社長と新入社員の差より大きくあるべきだ」と。

その責任において、圧倒的な差があるという話しだ。

ということは、明確に求められる能力も差があるべきだということになる。

**********************************

また、更にこの階層ごとに次のような「人材」の4分類が可能であると思う。

@「人財」‥‥まさに組織にとって宝

A「人材」‥‥未知数ながら力・ポテンシャルはある

B「人在」‥‥組織にただ存在

C「人罪」‥‥組織に悪影響を与える


<イメージ>
001.jpg
        (X軸・Y軸に何を設定するか、議論は多いだろう。)

説明はまた別の機会に‥‥

banner2.gif
←クリック応援お願いします。
posted by 成長企業プロデューサー 小松弘明 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 営業プロセスマネージメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。