2006年09月05日

「雲上的少女」を紹介してくれたのも「縁」

先週金曜日、以前私のこのBLOGを紹介してくれた、SSRの吉岡社長が、一人の少女とそのお父様・ご友人を連れ、来社してくれた。
(吉岡さんは、私の土佐高の一年後輩という「縁」だ。)

吉岡さんと夏さん.jpg

夏伊さんは、才能にあふれる、まさに「雲上的少女」の高校生。

今、アメリカの東海岸のハイスクールに通う。

昨年1月、北京で発売された小説は、「バレンタイデー」のプレゼントとしてもヒットし、日本語でも出版されている。


雲上的少女
雲上的少女
posted with amazlet on 06.09.02
夏 伊 桑島 道夫
文藝春秋 (2006/06)


12歳で、北京のピアノコンクールで優勝した彼女の今好きな音楽は、「ロックンロール」だそうだ。

お父様が日本にいらっしゃるので、夏休みを利用して、来日したのだが、吉岡さんが、我が社を一緒に表敬訪問してくれたのだ。

彼女は、日本では、ジャニーズの亀梨くんのFANだそうだ。

目を細められた、お父様の表情が、とても印象的であった。

小説は、とてもさわやかなストーリー、ご一読を。


banner2.gif
posted by 成長企業プロデューサー 小松弘明 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 「知道中国」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。