2006年12月12日

僕の中のヒーローA

昨日の続き‥

記事が出た翌朝には、武市さんに「手紙」を書いていた。

今でいう、「アポ取りお手紙」だ。ただ、営業のためではなかった

こんな趣旨の手紙だったと思う。

「記事で拝見しました。早速土佐高の名簿で調べたら僕が6年後輩でした。銀行界から転進されたお話しを是非聞きたいんです‥」

今にして思えば、ずいぶん不躾な内容ではなかったかと思う。

自分の名刺を同封し、四季報で調べた住所に送った。
(当時はインターネットがないのだ。)

チョコボ.jpg
(武市さんに頂いたチョコボ。まだ大事に飾ってます!)

2〜3日後だったと思う。
僕の目の前の電話が鳴った。

「あ、小松君?武市だけど。お手紙ありがとう。まあ、固い話しは抜きに、まずは飲もうか!」

なんともオープンなお誘いだった。

高知県人同士のコミュニケーションなのかも知れないが。

実は、僕は全くマヌケな行動に出ていたのに気付いていなかった。

自分の銀行と取引があるのかないのか全く調査していなかったのだ
(本部組織にいるのに‥)

「おたくの銀行と取引あるのは知ってるよね。」

正直に答えた。「知りませんでした。」

今は、笑い話しである‥

 会いたい一心だったのだ。 

二週間後ぐらいの約束をもらい、随分遅くまでサシで話しを聞かせてもらった。

武市さんは、四国銀行から出向でスクェアを店頭公開させるために派遣されていたのだが、店頭公開する前には、四国銀行をやめることを決断されていた。

武市さんが語るのは熱い夢だった。

いつかは、武市さんのようになりたい‥

その夜から武市さんは“僕の中のヒーロー”になったのだ。

続く‥

banner2.gif

☆[おとなのアートきり絵][おとなのアートねんど]専用サイト
「おとなのアート,net」  にもお立ち寄り下さい!
http://www.otona-art.net/index.html
posted by 成長企業プロデューサー 小松弘明 at 11:00| Comment(1) | TrackBack(0) | ビジネス ヒストリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
四銀といえば見事に旧FBK系列ですね。^^;

実は、小職の前職時代の最後のクライアントが現在の所属先なのですが、その直前のクライアントが目黒時代のスクウェアさんでした。

色々あったクライアントでしたが、当時チラ見しただけの方のその後を、こちらのブログで拝見できたとは嬉しい驚きです。
Posted by 課長007 at 2006年12月12日 21:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/32398121

この記事へのトラックバック
blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。