2007年01月17日

無駄とは‥

「無駄」を国語辞典・漢和辞典で調べてみた。

こう書いてある。

“それをおこなっただけの効果がないこと”

“無益”

シンプルでいい。

プロフィットを生まないものは、全部無駄だと考えてよさそうだ。

さて、ここで問題となるのは、「それをおこなう」と「効果」の定義だ。

企業活動は、すべて営業がその本質だから、

「効果」とは、「売れること・利益」になる。

「それをおこなう」は、営業行為そのものと、そのために費やす作業、それに従事する人のコスト等に分解が可能だ。

そして無駄になったリソースの本質は、すべて「時間」だと僕は考える。

失った時間だけは取り返せない。

しかも、多くの人を巻き込んでいる

スクエアホイール.jpg
(無駄の多い会社はこんな状態になっている)

@足元しか見ないマネージャーが引っ張る
A四角いタイヤをなぜ丸いタイヤに変えないのか?
B押す役目は一人でよくなるのでは?

ただ、長期にわたって効果がでてくるものをどうすればいいのかという疑問が残るだろう。

続く

banner_04.gif
←応援のクリックもお願いします。

☆[おとなのアートきり絵][おとなのアートねんど]専用サイト
「おとなのアート,net」にもお立ち寄り下さい!
http://www.otona-art.net/index.html
posted by 成長企業プロデューサー 小松弘明 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 営業プロセスマネージメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。