2007年05月11日

呉の孫策

笑語を好くし、性は闊達聴受、人を用うるに善し(呉書 孫策伝)

冗談が好きで、こだわりなく他人の意見を聞き入れ、人を使うのが上手い。

三国志 将の名言 参謀の名言
守屋 洋
青春出版社 (2001/11)
売り上げランキング: 335747


96,97P〜引用させて頂く。

これは、呉の孫策の人柄について、『三国志』の編者・陳寿が述べた言葉である。その人となり、秀でた容姿を称え、「談笑を好み、心が広くて人の意見によく耳を傾け、適材適所に人を用いた。そのため身分に関係なく孫策を知る者は皆、誠心誠意、命をかけて付き従った」というのである。
(中略)
人に好かれる性格と飾らない率直さが、トップに立つ人間には不可欠な才覚であり、器量だと言える。


孫策は、僕も大好きである。豪放でいい。

posted by 成長企業プロデューサー 小松弘明 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 「三国志」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。