2007年05月14日

池塘春草の夢

もう、今年も半分が終ってしまう感じがする。

偶 成           朱熹

少 年 易 老 学 難 成
一 寸 光 陰 不 可 軽 
未 覚 池 塘 春 草 夢
階 前 梧 葉 已 秋 声


蛙と紫陽花.jpg
(イラスト@十五夜

少年老いやすく、学成り難し
一寸の光陰 軽んずべからず
未だ覚めず 池塘春草の夢
階前の梧葉 すでに秋声


あまりにも有名な詩ではある。
が、最後の一行は、すっかり忘れていた。
梧葉とは、青桐のこと。

わずかな時間でも、おろそかにしてなならない。

posted by 成長企業プロデューサー 小松弘明 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 「知道中国」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。