2007年05月18日

営業チームの強化法

今週は、時間について書いてきた。

僕が、ビジネス本を片っ端から読んでいるのは、ここ数年で、

“時間”を買うという考えを持ったからだ。

自分の経験だけの独善的なやり方では、非効率。
よけいに遠回りしてしまう。

「営業チームの強化法」といういい本が出版されている。

営業チームの強化法
営業チームの強化法
posted with amazlet on 07.05.06
DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー編集部
ダイヤモンド社 (2007/02/17)
売り上げランキング: 72710


目次だけを書いておきます。

第一章 営業マネージャーの五つの役割
第二章 成果管理か、行動管理か
第三章 営業とマーケティングの壁を壊す
第四章 営業組織は事業サイクルに従う
第五章 営業学習曲線のマネジメント
第六章 営業人脈を組織的に管理する
第七章 法人営業は提案力で決まる
第八章 営業の課題:売り手から買い手へのパワーシフトを克服する
第九章 営業力の復活から改革は始まる


どの章も大変おもしろいが、僕の場合、

第五章 営業学習曲線が興味を引いた。

125pから少しだけ引用。

学習曲線というコンセプトは、製造分野では広く浸透している。
生産ラインと購買、製造、エンジニアリング、商品企画、業務管理の部門間で、その知識や経験を交換し合い、だんだんと製造プロセス全体の効率が高まっていくというものだ。つまり、複数の部門が知識と経験を移転し合うプロセスを繰り返せば繰り返すほど、製造プロセスの効率が向上し、コストが低下するのである。

::::::::::::::::::::::::::

営業においては、お客様とのノウハウのやり取りが、“学習曲線”を描く一つの要素ということになる。

よろしければ、ご参考に。


posted by 成長企業プロデューサー 小松弘明 at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 営業プロセスマネージメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。