2007年06月23日

宮城谷さんの「三国志」

三ヶ月に一冊のペースぐらいで読めればいいや、と思っていたが。

やはり、すごくおもしろいので、ペースアップする。

すっかり寝不足だ。

5月からスタートしたのだが、もう4巻が終る。

今、出版されているのは5巻だから、もうすぐ追いついてしまう。

三国志〈第4巻〉
三国志〈第4巻〉
posted with amazlet on 07.06.16
宮城谷 昌光
文藝春秋 (2006/09)
売り上げランキング: 32959




通常、日本では、三国志といえば、「三国志演義」をベースに、

蜀・劉備を軸に、ちょっと“判官贔屓”的なにおいが強い。

後半は、「諸葛亮孔明」の話しが中心になったりする。


でも、宮城谷さんは、「正史」をベースに魏・曹操を軸に描く。

漢の終焉からしっかりと描かれていて、董卓と皇甫崇との関係など、いままであまり気にかけていなかった点にも気付かされた。

僕も30歳の前半までは、蜀が好きだった。

この頃、どうも曹操の大胆さと繊細さに魅かれる。

寝不足は当面続きそうだ。

******************************
以前も紹介したが、お気に入りの出窓のフィギュア

三国志フィギュア.jpg

缶コーヒーのおまけについていたのだが、毎朝飲んでも、
キャンペーン期間中に全部そろわなかったので、
結局、ネットオークションで買い揃えてしまった。
家内にあきれられたが‥
posted by 成長企業プロデューサー 小松弘明 at 14:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 「知道中国」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

三国志 フィギュア
Excerpt: 夫は「三国志」大好き人間です。 あらゆる人が書いた三国志を読みあさていますが ...夫は「三国志」大好き人間です。あらゆる人が書いた三国志を読みあさっていますが吉川英治・伴野朗・北方譲三・陳舜臣・横山..
Weblog: フィギュア メカ魂!食玩祭り
Tracked: 2007-07-28 07:43
blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。