2007年10月07日

窓を開けると‥

昨日は、体調が悪く、一日寝てすごしてしまった。

季節の変わり目は、気をつけないと‥


朝、三階の書斎の窓を開けると、秋らしい、ひんやりとして、

すがすがしい風が吹き込んでくる。


漢詩をたのしむ (講談社現代新書)
林田 慎之助
講談社 (1999/02)
売り上げランキング: 59384



秋 風 引   劉 禹錫


何 処 秋 風 至

蕭 蕭 送 雁 群

朝 来 入 庭 樹

孤 客 最 先 聞


何れの処よりか秋風至り
蕭蕭(しょうしょう)として雁 群れを送る
朝来 庭樹に入り
孤客 最も先に聞く


秋風はどこから吹き寄せてくるのか。
蕭蕭と、ものさびしい音をたてながら、雁の群れを吹き送ってくる。
今朝がた、その秋風がわが庭の樹々の間に入ってきたが
孤独な旅の身である私が、その音を誰よりも先に聞きつけた。


すがすがしいというよりは、もの悲しい漢詩なのだが、

好きな詩である。



一晩寝たら、すっきりした。






ラベル:漢詩 中国
posted by 成長企業プロデューサー 小松弘明 at 10:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 「知道中国」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。