2007年10月13日

楽しいメールのやりとりD

また、沢田さんからメールを頂いた。

清々しい気持ちで一杯になった。

*******************************
小松さん おはようございます
 
5日までの会長ブログ 大変興味深く拝見しました。
プリントアウトして、じっくり読ませていただきました。 
色々思い当たる節もあり、私も身につまされる思いです。

「忠誠心」、「ロイヤリティ」というのは労使双方にとって非常にやっかいなものだと思います。

双方から見て悪魔的な香気と臭気があります。

経営側から見れば、目的の為とはいえ、

容易に実行できない指示にためらいなく従う従業員は大変好ましく映る事もあります。


また従業員としても、

結果を信じ忠実に従う事が一種の陶酔をもたらす場合がある事も事実です。


経営者が自分の出す指示が、

なんのためらいもなく実行に移されるとき、

とてつもない不安と不快が彼を襲う事もあります。


従業員が経営者から考えてもいなかった事への忠実を求められて、

大変なショックを受けるときもあるでしょう。


「忠誠心」抜きで組織運営ができたら、

どんなにかすばらしい事でしょう。

しかし、

長さしか持たないはずの「線分」に幅があるように

実物としての組織には「忠誠心」が実存します。

どうやら「忠誠心」は殆どのほ乳類が持つ

「集団に属していたい」という本能が生み出す物

なのではないでしょうか。

雑草のごとく労使の心の中にも抜いても抜いてもまた生えてきます。

「契約」で成り立ち、合理性を追い求めるはずの組織に

数量化できない「必要悪」として実在し、

場合によってはとてつもない力を色んな方向に発揮する「忠誠心」。

本当にやっかいですね。

「未熟」はいつか「成熟」するわけですが、

「成熟」したら後は腐るだけ。


お互いいつまでも「未熟」のままリタイアまで熟し続けましょう。
(私の場合 「気力不足で落果」の心配もあるのでそっちも気を付けなくては・・・)

追記

ある先輩に「大型バス経営」という言葉を教えて頂いた事があります

「大型バスは行き先を明示し始発からでも途中でも乗りたい人は誰でも乗せる。

乗りたくない人は最初から乗らないし、途中でおりたくなった人はおろす」

 
というもので、

「行き先」を「理念・ビジョン」と言い換えれば小松さんの考えに近いように思います。

そういえばその話を聞いた直後、私も負けじと「マンション経営」 という言葉を作った事を思い出しました。

あ、ホントにマンション経営やるんじゃありませんよ。

マンション.jpg
(こんな雰囲気でしょうか‥)

「コンセプトのしっかりしたマンションを建てて
住民を満足させる魅力的なサービスにつとめなるべく長くいてもらう」

「先方の都合で出て行くときは引き留めず入居待ちの方に入ってもらう」


といった感じの考え方で、わりといつも気にかけていることです。

*******************************

なんと、バランスの取れた考え方をなされるのだろうか。

労使と言うと対立軸しかなかった時代から、

労使協調の時代を生き抜いてきた企業のトップだからこそ、

つかめる境地なのかもしれない。

沢田さん、未熟なまま熟し続けましょう!


posted by 成長企業プロデューサー 小松弘明 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 「縁」「友」「仲間」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。