2007年11月26日

原宿 竹下通り

今日は、原宿の竹下通りを5〜6分ほど入ったところにある、

あるお客様に訪問してきた。

28才〜30才にかけて、銀行の原宿支店に勤務していた事があり、

竹下通りは、思い出深い通りだ。

竹下通り.jpg
(渾然一体の通り)

平日夕方だというのに、通りは人で一杯。

背広にネクタイ姿はまばらで、これは昔と変わらない。

若いころ、サラリーマン然とした格好で歩くのが、

なんとなく嫌だった記憶がある。

通りは、中学生、高校生、アジア系の観光客、西洋系の方、

地方からの観光客、ラテン系の方、地元の住民だと思われる方‥

入り混じって、渾然一体となっている。


原宿 ショーウィンドウ.jpg
(きらびやかだ!)

昔からの、「一体誰が着るんだろう?」といったショーウィンドウも

変わらぬ存在感を醸し出している。

その一方で、“大手のドラッグストア”や“100円ショップ”

“コンビニエンス・ストア”なんかもできている。

昔はなかったのになあ。

「別に竹下通りの中になくてもいいのに‥」と思うのだが、

住民の方にも利用されているのかもしれない。

     ↓

     ↓

そんな中、あの「クレープ屋さん」を発見。

昔のまんまだ。

銀行時代、勤務中に背広のまま食べた記憶がある。
(通りの奥でそっと隠れて食べたのだが‥先輩と二人で(笑))

もう何十年もつぶれずにクレープは焼かれ続けているのだ。

ただ、おいしくなければ支持されないはず。

そして、値段もあまり変わっていない様子だ。
(今日は、食べる勇気はなかった(笑))

そして、何よりも、通り一杯に広がる芳醇な香り。

変わらぬ風景には、支持され続ける理由があるものだ、と思った。

posted by 成長企業プロデューサー 小松弘明 at 22:37| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス ヒストリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/69429695

この記事へのトラックバック
blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。