2013年09月24日

「半沢直樹」最終回

昨夜の半沢直樹、子会社「東京セントラル証券」への出向を頭取から言い渡され、半沢の目が驚きから怒りのアップになったところで終わった。

これを“左遷”だと思う方が多いのかもしれませんが、これは実質栄転ですね。

@大和田常務の降格は、懲戒でなかったのは、「組織保身」を頭取が図ったからでしょう。
金融庁検査のあとで、内部スキャンダル発覚となれば、全体への影響が大きいと判断したのでしょう。
もちろん、中野渡頭取自身の保身もあるかもしれません。

A大和田常務は、任期があと何年かわかりませんが、その時に外に出されて終わりですね。

B大和田常務は、個人的な資金難があるので、頭取は「退職金」をしっかりはらってあげ、
迂回融資分を回収できるようにしたのかもしれませんね。

Cそこで、半沢ですが、大和田常務が悪いとはいえ、頭取の制止をふりきり、多くの役員の前で土下座させたことを組織としては見逃さないでしょう。

Dそれでもなお、同期の近藤とはちがい、外部会社ではなく、関連会社への出向ですませたのは、なぜか?

E降格だけですませた大和田常務と顔を合せたり、仕事で一緒になったりする機会をなくするためでしょう。

F大和田常務の退任と同時に、半沢は昇格して銀行に戻ってくるでしょう。

半沢の最後のアップですが、あそこで、半沢は怒りの三白眼ではなく、口角をすこしあげた
にやりとした表情のアップであれば、よりリアリティとがあったのにな、というのが僕の感想です。

半沢直樹ぐらい仕事ができれば、それくらいお見通しのはずですから。

※この記事は、FACEBOOKにあげたものと同じです。

大関さんと言う方のブログもご参照ください。
http://blogos.com/article/70488/?axis=b%3A454

「「半沢」平成1位の42・2%!ミタもBLも超えた 関西は水戸黄門も抜いて史上1位45・5%」
http://news.goo.ne.jp/article/dailysports/entertainment/20130924025.html

オレたちバブル入行組 (文春文庫)
池井戸 潤
文藝春秋
売り上げランキング: 2

posted by 成長企業プロデューサー 小松弘明 at 19:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月26日

営業人材に求められる『リーダーシップ』【おまけ】

昨日まで掲載していた“営業に求められる『リーダーシップ』は、「りそなーれ」という
りそな銀行のお客様むけの情報誌に掲載されたものである。

実は、指定の字数制限(4000字)があり、そもそもの原稿から削られた部分があった。
その部分も、おまけとしてこのブログには掲載しておくことにする。

*****************************************
◆営業に求められる『リーダーシップ』

5.終わりに
私自身、「経営者は孤独だ」という言葉に、踊らされた時期があった。

確かに決断や判断は、トップリーダーの役目である。
しかし、多くの社員に囲まれてビジネス展開をしている事を忘れてはならない。

経営ビジョン達成のための様々なヒントは、社員一人一人が持っている。
それを引き出し、まとめ、経営目標に一歩でも近づく道程を示すのがリーダーの役目である。

また同時に多くのお客様に囲まれて商売をしている。
お客様は我々の理念・ビジョンに共感・共鳴し目標を理解して下さり、時に厳しく
時に優しく売る側である我々を導いてくれる。

当たり前の話しだが人間はソーシャルな存在であり、
多くの仲間に囲まれてビジネスライフを過ごせる経営者は誰よりも幸せ者なのである。

以上

******************************************
20110216 031.JPG
もう丸12年、ソフトブレーングループに在籍しているが、
今の私の偽らざる心情であり、りそなーれには掲載されなかったが、多くの経営者と共有し、
共鳴いただけるのは、この原稿部分ではないかと思う。

これからも、当社グループをよろしくお願いします。



posted by 成長企業プロデューサー 小松弘明 at 17:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月23日

平和は安い手だけれど‥

僕は今麻雀はやらないけれど、若いころはそれなりにやっていた。
やっていく上で、これを知らなければ、麻雀なんてできないという役(手)が、
ピンフ(平和)だ。

ピンフ2.bmp

はっきり言ってとても安い手で、「ピンフのみ」なんてあがると、
メンバーからバカにされる。
でも、なんだかんだ言って、ドボンからよく救ってくれたのも、ピンフ(平和)である。
安い手かもしれないが、平和(ピンフ)は案外上がれなかったりもする。

中国・韓国との隣国関係がずっときなくさい。
ビジネスを重視する僕としては、何に変えても“平和”が一番。

僕の故郷の高知城の近くの城西公園には、こんな碑がある。
日中不再戦.jpg(高校の同級生の高橋くんの撮った写真を拝借)

この碑は、安い上がり手かもしれないが、双方がドボンしない上がり手ではないか。
メンバー同士で、ワーワーと馬鹿にしあってもいいのだ。
平和(ピンフ)のみで十分なのだ。


posted by 成長企業プロデューサー 小松弘明 at 17:00| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月21日

もっと見ていたかった金環日食

今朝の“金環日食”皆さん見られましたか?

僕は、自宅の屋上で、家内とじっくり見ました。

5:45に起床して、6:00からスタンバイ。
この時点では、曇り空で、太陽は見えなかったのですが、
しばらくすると、リビングに太陽の光が差し込んでくるのがわかった。
ニュースでは、埼玉県の加須市の太陽の様子をずっと映していた。

僕は、極めつけの「晴れ男」なので、絶対見られると根拠のない自信で一杯だったが、
やはり、その勘は的中。

金環日食.jpg
(友人の赤江さんの写真を拝借してます)

リング状のほぼ完璧な“金環日食”を夫婦で観察できたという訳だ。

唯一の失敗は、一眼レフに装着する“日食用NDフィルター”を土曜日に買いにいったのだが、
すでに売り切れで、写真撮影をあきらめざるを得なかったことだ。

事前準備不足。

日食グラスは、ビクセンさんのものを2枚、夫婦それぞれで用意してあったので、
日食グラス.JPG
目を傷めることもなく、無事観察できたのでした。
あらためてじっくり観察すると、うす曇りとはいえ、太陽光は、結構強く、
テレビでしきりに注意していたのも納得でした。

会社は、観察後出社であったが、僕が到着したら、ほとんどの社員はすでに出社していた。
全員が、観察できたわけではなく、千葉方面の方は、雲が厚く、ダメだったそうだ。

子供の小さな社員から、
「おかげさまで、子供と一緒に楽しめました」の声を聞き、

「よかったね」と言ってみたが、

何を隠そう、自分が一番楽しんでいたのであった。

しかし、リング状になるのは、一瞬に感じられ、
できれば、もっともっと長く見られれば、と思うほど、感動的であった。

自然の営みは、人類の手の届かないところにあるからこそ、美しいのだと実感できる、
いい1日でした。

ビクセン様にも感謝!!!!
http://www.vixen.co.jp/
「日食観測隊」
http://scopepeople.jp/tseo/special.html


ところで、

<<日食グラスの役目はまだ終わっていない!>>
約2週間後、また日食グラスが活躍の場がある。
6月6日の「金星の日面経過」と呼ばれる現象だ。
日本全国で、午前7時過ぎ〜午後1時ごろにかけて、
金星が太陽の前を横切っていく様子が日食グラス越しに観測できる。
この現象はたいへん珍しく、次回は105年後。
世界中、どこへ行っても105年後まで見ることはできない。
つまりはほとんどの隊員にとってはラストチャンスとなる。見逃さないでほしい。





posted by 成長企業プロデューサー 小松弘明 at 19:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月28日

宮市の招集に思う

今度の株主総会で、わがソフトブレーン・グループに30代前半の取締役が生まれる。

         ↓

http://www.softbrain.co.jp/uploaded/4f278b5e344d6.pdf

彼は、僕が三和銀行からソフトブレーンに転職した翌年の新卒入社である。

彼がまだ、ビジネスマンとしてよちよち歩きのころからの付き合いだが、

結婚もされ、もうお子さんが年長になったかと思う。

時の経つのはあっという間で、僕は同じ12年間でどれほど成長できたのだろうか?



サッカーA代表では、英国のボルトンで活躍がはじまった宮市選手が、ワールドカップ予選に

初招集された。

ここでも、着々と世代交代が始まっている。

ただただ、灌漑深いものがある。

老害とならぬよう、日々、成長できるよう心がけるしかあるまい。

ラベル:世代交代
posted by 成長企業プロデューサー 小松弘明 at 19:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月19日

追悼!!!

俳優の原田芳雄さんが亡くなられた。

今朝、午前9:35 肺炎で永眠されたそうだ。

http://www.jiji.com/jc/c?g=soc&k=2011071900483

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110719-00000649-yom-ent

原田芳雄さんといえば、俳優のほかに、ブルースのシンガーとしても

ファンが多かったと記憶する。

いろいろな、映画やテレビドラマで、個性的な役柄を演じられた。

ハードボイルドなタッチが、たまらなく魅力的で、

ダシール・ハメットなんかも演じてほしいくらいだった。

だが、僕にとっての原田芳雄さんは、なんといっても

「竜馬暗殺」だ。

竜馬暗殺 [DVD]
竜馬暗殺 [DVD]
posted with amazlet at 11.07.19
ジェネオン エンタテインメント (2008-03-21)
売り上げランキング: 4863


どちらかと言えば、龍馬は明るく、天真爛漫に演じられることが多い。

実像は、いろいろな手紙なんかをみれば、ポジティブな性格だったと推測されるが、

「竜馬暗殺」の中で原田さんが演じた竜馬は、竜馬の中にある“ダークサイド”も

引き出されていたように、僕には感じられた。

ヒーローの中にある、野望や欲望、暗殺によって実現できなかった恨みまで、

原田さんは、その前に多く(その後もだが)演じられる竜馬のステレオタイプを

みごとに打ち破ってくれたように、僕は思う。

先日、土曜日の朝の番組(「僕らの時代」?かな)で、野田秀樹さんらとご出演されてたのを見た折には、

お元気そうだったので、残念で仕方ない。

また、僕の大好きは俳優さんがいなくなった。

合掌!



posted by 成長企業プロデューサー 小松弘明 at 21:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月25日

雑草ということなかれ、アイドルはここにもいるぞ。

お隣との間に小さな隙間に、毎年ドクダミが咲く。

20110612 096.JPG

一般に雑草の範囲に入るが、とても素敵で十字の可憐な花を咲かせる。

調べてみるといろいろ話題にことかかず、魅力的だ。

哲学堂公園20110612 001.JPG

季語でもある。

“どくだみや 真昼の闇に 白十字” 川端茅舎


どくだみは、名前がいろいろあって面白い。マルチタレントだ。

「十薬」といわれ、十種類の薬効がある漢方薬である。

利尿・湿疹・腫れ物・蓄膿症などに効能がある。生葉を揉んで柔らかくしてオデキに当てると

吸出しの効果がある。お茶にして、飲用されることが一般的だ。


しかし、独特の生臭いにおいのせいで、「イヌノヘドグサ」と呼ばれることもある。

一方、

日本産のドクダミは、赤やクリーム色に斑(ふ)入りの葉を変化させることで欧米で人気となり、

「カメレオン」の異名で広がって、地味ながら海外にもファンをもつという。

日本の雑草界では、スーパーアイドル(!?)であるらしい。。

20110612 093.JPG

さらには、

「ジコクノソバ」。漢字で書くと、地獄の蕎麦。おもに東日本での異名とのことだ。

「ホトケグサ」。これは西日本での呼ばれ方だ。僕の両親なんかは、ホトケグサといっていた。

日経おとなの OFF (オフ) 2011年 06月号 [雑誌]
(名前に触発されて、家内が買ってきておいたこんな雑誌を読んだ。)


強烈な個性ゆえにひどい名もつくが、多くの異名はむしろ実力の証明といえる。

梅雨時の“正統派アイドル”が「アジサイ」だとすれば、梅雨時の“ヒールアイドル”が「ドクダミ」

だと僕は勝手に位置付けている。




「紫陽花にまつわる独り言」
http://kaicho.esm-ms.jp/article/209296118.html
ラベル:ドクダミ
posted by 成長企業プロデューサー 小松弘明 at 11:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月22日

「危機的状況の中の希望」村上龍さんの寄稿文 どうしても残しておきたい

どうしても、残しておきたい。

***********************************************

危機的状況の中の希望
村上龍


先週の金曜、港町・横浜にある我が家を出て、午後3時前、いつも行く新宿のホテルにチェックインした。普段から私はここに週3〜4日滞在し執筆活動やその他の仕事をしている。

部屋に入ってすぐに地震が起きた。瓦礫の下敷きになると判断し、とっさに水とクッキー、ブランデーのボトルをつかんで頑丈な机の下にもぐりこんだ。今にして思えば、高層30階建てのビルの下敷きになったらブランデーを楽しむどころではないのだが。だが、この行動によってパニックに陥らずにすんだ。

すぐに館内放送で地震警報が流れた。「このホテルは最強度の耐震構造で建設されており、建物が損傷することはありません。ホテルを出ないでください」という放送が、何度かにわたって流された。最初は私も多少懐疑的だった。ホテル側がゲストを安心させようとしているだけではないのかと。

だが、このとき私は直感的に、この地震に対する根本的なスタンスを決めた。少なくとも今この時点では、私よりも状況に通じている人々や機関からの情報を信頼すべきだ。だからこの建物も崩壊しないと信じる、と。そして、建物は崩壊しなかった。

日本人は元来“集団”のルールを信頼し、逆境においては、速やかに協力体制を組織することに優れているといわれてきた。それがいま証明されている。勇猛果敢な復興および救助活動は休みなく続けられ、略奪も起きていない。

しかし集団の目の届かないところでは、我々は自己中心になる。まるで体制に反逆するかのように。そしてそれは実際に起こっている。米やパン、水といった必需品がスーパーの棚から消えた。ガソリンスタンドは枯渇状態だ。品薄状態へのパニックが一時的な買いだめを引き起こしている。集団への忠誠心は試練のときを迎えている。

現時点での最大の不安は福島の原発だ。情報は混乱し、相違している。スリーマイル島の事故より悪い状態だがチェルノブイリよりはましだという説もあれば、放射線ヨードを含んだ風が東京に飛んできているので屋内退避してヨウ素を含む海藻を食べれば放射能の吸収度が抑えられるという説もある。そして、アメリカの友人は西へ逃げろと忠告してきた。

東京を離れる人も多いが、残る人も多い。彼らは「仕事があるから」という。「友達もいるし、ペットもいる」、他にも「チェルノブイリのような壊滅的な状態になっても、福島は東京から170マイルも離れているから大丈夫だ」という人もいる。

私の両親は東京より西にある九州にいるが、私はそこに避難するつもりはない。家族や友人、被災した人々とここに残りたい。残って、彼らを勇気づけたい。彼らが私に勇気をくれているように。

今この時点で、私は新宿のホテルの一室で決心したスタンスを守るつもりでいる。私よりも専門知識の高いソースからの発表、特にインターネットで読んだ科学者や医者、技術者の情報を信じる。彼らの意見や分析はニュースではあまり取り上げられないが、情報は冷静かつ客観的で、正確であり、なによりも信じるに値する。

私が10年前に書いた小説には、中学生が国会でスピーチする場面がある。「この国には何でもある。本当にいろいろなものがあります。だが、希望だけがない」と。

今は逆のことが起きている。避難所では食料、水、薬品不足が深刻化している。東京も物や電力が不足している。生活そのものが脅かされており、政府や電力会社は対応が遅れている。

だが、全てを失った日本が得たものは、希望だ。大地震と津波は、私たちの仲間と資源を根こそぎ奪っていった。だが、富に心を奪われていた我々のなかに希望の種を植え付けた。だから私は信じていく。

原文
www.nytimes.com/2011/03/17/opinion/17Murakami.html

編集部注:小説の場面訳は『希望の国のエクソダス』より
ラベル:村上龍
posted by 成長企業プロデューサー 小松弘明 at 21:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月08日

ついに「つぶやき」始めます

ついに,

“twitter"

はじめました。

皆さん、よろしくお願いします。

@SBS_komatsu

です。
ラベル:twitter
posted by 成長企業プロデューサー 小松弘明 at 18:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。