2013年01月01日

謹賀新年!

あけましておめでとうございます!

噴水.JPG

噴水の如く、勢いの良い1年にしていきたく思ってます。

本年も、どうぞよろしくお願いいたします。

タグ:新年 賀正
posted by 成長企業プロデューサー 小松弘明 at 17:18| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 新年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月05日

【3日間集中 新規開拓・案件特化 2012年度目標達成パワーアップ研修】のご案内

半期決算が出そろい、今期の通期の経常利益予想が大幅にダウンしています。
第3四半期、今期の業績目標の達成に向けて、日々邁進されている営業部隊も多いと思います。

そんな営業部隊を応援したく、通常の半額で、「営業研修」を実施させていただくことにしました。

http://eigyo-talk.jp/lp/seminer_tokyo/121127.html

宋文洲直伝 売れる組織
※この本の全てを貴社の営業部隊に注入させて頂きます。

私共の“プロセスマネジメント”というメソッドを3日間で集中的に投下して、「売れる営業」に
してしまおうという企画です。

ご希望がない場合、もちろん開催は致しません。
きっと、2013年度の業績にも、よい影響がでるはずです。

まずは、下記URLから、ご詳細をお読み頂き、「お問い合わせ」もしくは、

「個別相談会」をお申込みください。

http://eigyo-talk.jp/lp/seminer_tokyo/121127.html

このプログラムで、私が個別にお手伝いさせて頂き、

約300億の売上をこの3年で約585億まで拡大させた企業様もあります。
リーマンショックも震災も、一切関係なく…

http://eigyo-talk.jp/lp/seminer_tokyo/121127.html
posted by 成長企業プロデューサー 小松弘明 at 17:00| 東京 ☀| Comment(0) | 営業プロセスマネージメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月02日

物事はシンプルに、とはなかなかいかないようですね…

パラパラとハーバード・ビジネス・レビューの2月号を読み直していたら、

Harvard Business Review (ハーバード・ビジネス・レビュー) 2012年 02月号 [雑誌]

ある記事の中に、ボストンコンサルティンググループによる分析があった。
その分析によると、米国企業で、1955年以降、企業の複雑性が確実に高まっているとのことだ。

「組織の煩雑性」は、35倍。
企業が達成しなければならない「目標」は、6倍に増加している。

複雑性・煩雑性との戦いの中で、目標を達成していくことは至難のわざである。
人は役割分担すれば、うまくいくわけではない。

人には感情があり、その感情をコントロールできる者ばかりではないからだ。
また、目標にしても、相矛盾するものが混在することが多い。
例えば、顧客満足度の向上と価格向上戦略が同時並行しているのも、いまや普通だ。

シンプル・イズ・ベスト! 言葉では簡単だが、簡単には解決しない。

僕にも、もちろん「解」があるわけではない。

殴り書きのような記事で、すみません。

僕らもいろいろやってますので、ご興味のある方は、以下のURLをクリック下さい。

「プロセスマネジメントアワード2012」
http://www.innovations-i.com/shien/event/559.html

「リーダーシップ研修・体験会」
http://eigyo-talk.jp/lp/seminer_tokyo/121114.html

「真のマネジャー短期育成セミナー」※店舗マネジャー向け
http://www.pm-college.jp/LP/manager/121121.html

顧客課題解決型営業2日間集中講座
http://www.pm-college.jp/LP/seminer_tokyo/120807.html

【福岡】「営業力強化で成功する会社・失敗する会社『7つの違い教えます』」セミナー
http://eigyo-talk.jp/lp/seminer_tokyo/121120.html

【東京】ゲームを通じて企業経営が学べる「営業リーダー養成版戦略MG研修」体験会
http://eigyo-talk.jp/lp/seminer_tokyo/121116.html

新規開拓型、及び、新規案件獲得型の営業スタイルに特化
『3日間集中 2012年度目標達成パワーアップ研修』
http://eigyo-talk.jp/lp/seminer_tokyo/121127.html





posted by 成長企業プロデューサー 小松弘明 at 18:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 営業プロセスマネージメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月26日

“プロセスマネジメントアワード 2012” 開催! 全国7社の営業変革実践事例が一度に聞ける。

我々が展開する「プロセスマネジメント大学」を通じ、圧倒的な成果を納められた

7社の成功事例が、一度に聞ける! 

logo_pm.jpg

「プロセスマネジメント アワード 2012」

12月6日(木)13:00〜 品川プリンスホテルにて。 参加費5000円。

懇親会(自由参加)もございます。

http://www.pm-college.jp/LP/seminer_tokyo/121206pm.html

基調講演として、株式会社インターネット総合研究所 代表取締役所長 最高経営責任者
藤原 洋 様をお招きし、「営業を科学する」と題したご講演も頂きます。

PM大OBの方は無料です。

限定150名のイベントですので、売り切れごめんです。

ご興味ある方は、お早めに。

http://www.pm-college.jp/LP/seminer_tokyo/121206pm.html

一年に一度、まるで“甲子園”のように、全国の代表社が、成果を競います。

※懇親会では、いちむじんのミニコンサートもありますよ。

http://www.ichimujin.com/

山下さん宇高さん.JPG
posted by 成長企業プロデューサー 小松弘明 at 13:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 営業プロセスマネージメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月22日

【プロセスマネジメントアワード 2012】いちむじんのミニコンサートもあります。

12月6日(木)13:00から、品川プリンスホテルで、

「プロセスマネジメント アワード 2012」を開催します。

logo_pm.jpg

詳細・お申込みはこちらからどうぞ → http://www.pm-college.jp/LP/seminer_tokyo/121206pm.html

アワードの夜の部は、懇親会を企画している。

グランプリに輝いた会社を皆で賞賛するとともに、参加頂く皆さまの人脈交流の場にして頂こうという

寸法だ。

ただの飲食だけではない。



今回は、クラッシックギターデュオの“いちむじん”の二人に頼んで、ミニコンサートも。

皆さんが心から楽しかった、役に立った、知見・人脈が広がったというイベントにする所存ですので、

たくさんのご参加者、お待ち申し上げます。

http://www.pm-college.jp/LP/seminer_tokyo/121206pm.html
posted by 成長企業プロデューサー 小松弘明 at 18:27| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 営業プロセスマネージメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月21日

もっと見ていたかった金環日食

今朝の“金環日食”皆さん見られましたか?

僕は、自宅の屋上で、家内とじっくり見ました。

5:45に起床して、6:00からスタンバイ。
この時点では、曇り空で、太陽は見えなかったのですが、
しばらくすると、リビングに太陽の光が差し込んでくるのがわかった。
ニュースでは、埼玉県の加須市の太陽の様子をずっと映していた。

僕は、極めつけの「晴れ男」なので、絶対見られると根拠のない自信で一杯だったが、
やはり、その勘は的中。

金環日食.jpg
(友人の赤江さんの写真を拝借してます)

リング状のほぼ完璧な“金環日食”を夫婦で観察できたという訳だ。

唯一の失敗は、一眼レフに装着する“日食用NDフィルター”を土曜日に買いにいったのだが、
すでに売り切れで、写真撮影をあきらめざるを得なかったことだ。

事前準備不足。

日食グラスは、ビクセンさんのものを2枚、夫婦それぞれで用意してあったので、
日食グラス.JPG
目を傷めることもなく、無事観察できたのでした。
あらためてじっくり観察すると、うす曇りとはいえ、太陽光は、結構強く、
テレビでしきりに注意していたのも納得でした。

会社は、観察後出社であったが、僕が到着したら、ほとんどの社員はすでに出社していた。
全員が、観察できたわけではなく、千葉方面の方は、雲が厚く、ダメだったそうだ。

子供の小さな社員から、
「おかげさまで、子供と一緒に楽しめました」の声を聞き、

「よかったね」と言ってみたが、

何を隠そう、自分が一番楽しんでいたのであった。

しかし、リング状になるのは、一瞬に感じられ、
できれば、もっともっと長く見られれば、と思うほど、感動的であった。

自然の営みは、人類の手の届かないところにあるからこそ、美しいのだと実感できる、
いい1日でした。

ビクセン様にも感謝!!!!
http://www.vixen.co.jp/
「日食観測隊」
http://scopepeople.jp/tseo/special.html


ところで、

<<日食グラスの役目はまだ終わっていない!>>
約2週間後、また日食グラスが活躍の場がある。
6月6日の「金星の日面経過」と呼ばれる現象だ。
日本全国で、午前7時過ぎ〜午後1時ごろにかけて、
金星が太陽の前を横切っていく様子が日食グラス越しに観測できる。
この現象はたいへん珍しく、次回は105年後。
世界中、どこへ行っても105年後まで見ることはできない。
つまりはほとんどの隊員にとってはラストチャンスとなる。見逃さないでほしい。





posted by 成長企業プロデューサー 小松弘明 at 19:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月30日

金環日食につき、当社は、5月21日(月)は、始業時間を11:00とします

いよいよ、世紀の天体ショーである、『金環日食』が今月21日(月)に迫ってきた。

朝、7:30頃にリング状になるらしい。

今回の金環日食は、全国で部分日食を見ることができるほか、九州地方南部、

四国地方南部、近畿地方南部、中部地方南部、関東地方など広範囲で

金環日食を見ることができるのが最大の特徴だ。

http://naojcamp.mtk.nao.ac.jp/phenomena/20120521/

次ぎは、2030年6月1日に北海道で見られる金環日食まで、18年間起こらない。

18年後、北海道まで見にいけるとは限らない。

という訳で、当社は、5月21日(月)は、出社時間を1時間半遅くし、

11:00にした。



人は、大自然とともに生きている。3.11で、特にそう感じた。

金環日食は、どちらかといえば楽しい天体ショーであるが、

社員の皆には、会社に出る前にじっくり自然の神秘を感じて、楽しんでほしい。

天岩戸を想像する“神話ファン”になってもいいし、

この時とばかり、恋人にプロポーズしてもいい。

子供のいるご家庭は、特に一緒に楽しんでから出社してほしい。

こんな事を考えて、出社時間を遅らせることにした。

僕も、我が家の屋上で、家内と楽しむことにする。

くれぐれも、目を傷めないように、専門家の奨める

「日食グラス」を使ってください。

当社は、ビクセンさんのご厚意で、「日食グラス」を

10名全員に配布させてもらいました。

日食グラス.JPG

当日が晴天であることを祈りましょう!!!
posted by 成長企業プロデューサー 小松弘明 at 18:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 「縁」「友」「仲間」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月19日

感動した保険販売の話しA

さて、先週のつづき


ある土曜日、第一回目の面談。

指定した時間の5分前に「保険de安心館 吉祥寺店」http://www.hoken-anshinkan.jp/

についた我々夫婦をまず、Yさんがにこやかに出迎えてくれた。

軽い会話のあと、僕から、見直しの経緯や保険に対する知識のうすさをお話しした。

その言葉を引き取ってくれてから、Yさんからのアプローチ。

面談内容の合意と面談時間(2時間)の確認というセオリー通りの入り口。

またアプローチは、机の上のPCを使っての「保険de安心館」および「アセットガーディアン社」の

強み(USP)の説明、価値の予告、能力の提示、長期的WIN-WINの関係構築の意向の提示とよどみなく進む。

第一回目は、ヒアリング中心で、「保険」の種類別の解説をうけたのち、僕ら夫婦の将来のリスクヘッジに

対する希望や考え方をヒアリングされた。

保険は、素人にとって大変理解がむづかしい商品で、一般論として保険商品ごと(カテゴリーごと)の

“価値”と“特性”、さらには、よくある保険の掛け間違いなんかもわかりやすく教えてくれる。

その上で、プレゼンテーションは、我が家に合った方向性(一般的な解決策)を教えてくれる

というものだった。

DSC_0132.JPG
(四万十川のように、すっきり!)

この時点で、長年ほったらかしにしていた我が家の保険の問題点がよくわかり、

我が家の“潜在ニーズ”がうきぼりになった。

第一回のクロージングは、Yさんから、

「次回は、持参した既契約に対するもう少し詳しいご提案を用意しますが、いかがいたしますか?」

という(我々がいうところの)最強のクロージングだった。

その場で次回の約束をこちらからお願いした次第。あっという間の2時間で、物足りないくらいだった。

ここからが、さらにすごい。

帰ろうとする我々に、1枚の紙が手渡されることになる。

(これはノウハウなので書いていいかな? まあ、いいか。)

その紙には、

@「押し売りはしません」という趣旨の文言
A次回面談日の詳細
Bこちらへの依頼する持参物一覧

が明記されていた。

帰りに、契約している大手保険会社からの無意味なアップセル電話に辟易としていた家内が一言。


「なんか感動しちゃった。」



ちなみに僕らがいる間、ひっきりなしに来店客が現れていたのには、正直うらやましかった(笑)。

第二回目、第三回目もそれぞれが完璧な内容で、鍬さんには、FaceBookを通じて、

「パーフェクトです!」とフィードバックさせて頂いた。

今、見直しの最終の最終段階になっているが、全面的な信頼でYさんのいいなり(いい意味で)に

我が家はなっている。

保険の見直しや、あらたに保険に入ろうと考えている方で、このブログを読んだ方は、

「保険de安心館」http://www.hoken-anshinkan.jp/ をお試しあれ。

特に、吉祥寺支店のYさんは、ご指名する価値が高いです。

小松の紹介だとお伝えくだされば、担当頂けると思います。

*********************************************

途中の文言の意味とやり方をお知りになりたい方は、当社の代表の野部の著書、

90日間でトップセールスマンになれる 最強の営業術
野部 剛
東洋経済新報社
売り上げランキング: 41204


を、ご参考に。

これは売り込みではありません。

私どもの無料セミナーでも、その一端はお話ししております。

「セミナー情報」 
 http://eigyo-talk.jp/seminar/
posted by 成長企業プロデューサー 小松弘明 at 18:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 営業プロセスマネージメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月16日

感動した保険販売の話し@


2日間も、つまらない話しをブログに書いてしまったが、その対極にある

気持ちのスカッとなった営業の話しを書くことにする。

なぜか、これも保険の販売にまつわる話しで、僕の個人生命保険の見直しをお願いした会社の話しだ。

長くなるので、経緯は少し端折らせて頂くが、

昨年、ご縁があって、

「一般社団法人保険健全化機構 結心会」http://www.kessin.org/ の上野理事長様や

その組織の教育部会を務める、アセットガーディアン株式会社の取締役である鍬幸次さんと

懇意にさせて頂いている。

余談ながら、鍬さんは、昨年、“たらいの法則”という処女作を出版されている。

たらいの法則
たらいの法則
(amazonは、こちらから↑)

結心会は、そのHPに

「保険ビジネスの健全化を推進する全国の保険代理店とその意志に賛同する保険会社や業界支援会社、その他関連会社による業界横断型のネットワーク機構です。 2009年2月、現会長 上野直昭らの呼び掛けにより、保険ショップを運営する代理店有志の集まり『結心会』として設立され、以後有志による運営を続けてまいりました。 」

とあるように、押し売り一辺倒(昨日のブログのような)の売り方には、徹底的に異を唱えている組織だ。

ソリューション営業(課題解決型営業)をプログラムの中心に据える当社とは、出会うのが、必然だった

のかもしれない。

さて、それはさておき、昨年より我が家では、銀行時代からほったらかしにしていた、僕の生命保険の

見直しが問題となり、その対応を家内から迫られていた。

あわてる必要はないのだが、あと2年もすると僕の年齢もあって保険料が約2倍になってしまうからだ。

そこで、今年になってから、結心会さんとのご縁の中でも、特に仲良くさせてもらっている、

アセットガーディアン社 http://www.asset-guardian.co.jp/

の鍬さん(取締役)に相談を持ちかけた。

鍬さんが相談に乗ってくれるものと思い込んでいた、まず、僕は肩透かしに会うことになる。

「僕は、個人保険は不得意なので、個人保険に精通する奴をご紹介します」と。

普通なら、自分の不得意をわざわざ教える営業はないのかもしれないが、その時点でまず感心した。

アセットさんは、「保険de安心館」http://www.hoken-anshinkan.jp/


という、来店型の保険ショップを経営されており、まず、自宅から一番便利なお店を

指定することから始まるのだが、僕の場合は、吉祥寺店を指定させて頂いた。

つづいて、鍬さんから、吉祥寺店のYさんという方に電話し、アポイントを必ず取ってほしい旨を

すごく恐縮されながら、念押しされた。

来店型、予約型を徹底されていることは、事前にお聞きしていたが、その徹底ぶりがまず気にいった。


ある土曜の午後、夫婦でアポを取り、吉祥寺まで行くことになったが、鍬さんは、僕が、営業コンサルで、

ヒアリング型のソリューション営業のプログラムの講師であることをご存じなので、

後日接客のフィードバックも逆に頼まれていた。


※結局長くなりそうなので、つづきは、また後日。





タグ:顧客志向
posted by 成長企業プロデューサー 小松弘明 at 18:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 営業プロセスマネージメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月15日

“久々にキレた話し”(また思い出したので)A

昨日のつづき…


後日、またご紹介下さる会社をお連れ頂くことになった大手保険会社のK副部長さんだが、

次のお約束の時間の1時間前に会いたいということなので、お会いすることになった。

事前に会いたいという意味とその内容は不明だったが、恩ある方なので、いうがまま時間を作った。

今回のお礼と前回のお礼を合わせてご挨拶すると、Kさんは、唐突に、

「ご紹介の見返りと言っては何ですが、経営者保険をご検討いただけませんか?」

と切り出してきた。

前回、経営者保険はやらないと、やんわりとしか言ってなかったので、当社の考え方や、なぜ

経営者保険をやらないのかといった理由をお話しした。

砂時計.png
(本文とは無関係ですが、この時点で時間の無駄になりそうとちょっと感じてたので)

すると…

突然むっとした表情に変わり、

「では、(当社に対し)会社を紹介した意味がない。(小松さんがそういうつもりなら)

今後の紹介は、見合わせさせて頂く!」と言い出したのだ。

これにカチンときたのは、僕の方だ。

ご紹介頂いた会社とは、パートナーとして一緒にやっていきましょうという話しが始まったばかりなのに

そのくせ、「なぜ、うちの保険を買わないのだ!」という剣幕で、僕の目前で表情を変えたのだ。



僕の頭の中で「何さまだ、お前! 大手だからって、笠に着るんじゃねえぞ」とプチっときれる音がした。

「じゃぁ、てめぇの会社は、うちのコンサルサービスを検討するのかよ!!!」と、

こめかみがピキピキした。

即座に僕は、Kさんに向かって「出てけ!!!!」と3回叫んでいた(部下も脇ににいたのだが)。

DSC_0116.JPG

筋の通らない話しが大嫌いな、“土佐のいごっそ”を怒らせたら、どうなるか、知らないのだ(笑)。


ご紹介された会社さんには申し訳けないので、僕の方から事情を話して謝罪するつもりだが、

その会社も迷惑ではないかと思う。

僕は、銀行時代、銀行のお客様同士をご紹介するミッションも持つ部隊にいた。

顧客紹介は、本当にむずかしい仕事で、ほぼ“無料サービス”であった。

今も、お客様をお客様に紹介することはあるが、それを盾に「コンサルを受けてくれ」なんて

言うわけがない。

国内大手保険会社を取り巻く環境は、ネット保険会社、外資保険会社、来店型保険代理店等の

台頭で、厳しいのはよく理解している。

Kさんは、たぶん、ナンパもしたことがない堅物なんだろう。

ぶおとこが、会って二回目でもうホテルに誘うような、しかも、おどしながら。

下手な誘い方をしたようなもんだ。

口説いた相手も悪かった。

昔なら、その場で刀を抜いて切り捨てるような土佐人が相手だったわけで……(笑)


*****************************************

ここからは、もしかしたら高知県人しかわからんかもしれんけど…

ほんまは、一時間ばあ、こじゃんとダン詰めちゃろうかとおもうちょったけんど、

アホくさいき、やめちゃった。

ほんの10分もせんうちに往んでもろうた。ちょっとは、年取ってまるうなっちゅうろう(笑)。


300px-Nakaoka_Shintarou.jpg
※義を大切にし、議を重んじた中岡慎太郎が大好きです、しわい顔しちゅうろう。









posted by 成長企業プロデューサー 小松弘明 at 18:00| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 営業プロセスマネージメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。